ザガーロの語源

ザガーロの語源 イギリスで誕生し、2015年から厚生労働省よりAGA(男性型脱毛症)の治療薬として日本でも承認されたザガーロ(ZAGALLO)。
その語源は以下のようになります。
「Z」…究極や最後の砦、進化した
「AGA」…AGA(男性型脱毛症)
「LLO」…スペインっぽい語感と最後の「O」がイタリア語で男性を現す
この3つを組み合わせて、ZAGALLO(ザガーロ)と名づけられています。
名前からしても、進化したAGA治療薬と考えても良いでしょう。
AGAが病気として認識されるきっかけにもなったプロペシアに比べても、その効果はかなり高いと考えられています。
どれだけ違うのか、その対比したデータを以下にご紹介します。

強力に薄毛を抑制するザガーロ

ザガーロとプロペシアでまず大きく異なるのは成分です。
ザガーロはデュタステリドで、プロペシアはフィナステリドとなります。
どちらの作用もAGAの原因となるDHTの生成を抑えてくれるはたらきがあります。
DHTは、テストステロン(男性ホルモン)+5αリダクターゼ(T・U型)によって作られます。
プロペシアは5αリダクターゼtypeUのみを阻害するので、「脱毛症状の進行遅滞」がメインの効果です。
デュタステリドとフィナステリドの違い ちなみに、プロペシアの効果の割合は、次のようになっています。
発毛を実感した人…25%
進行を抑えられた人(進行遅滞)…50%
まったく効果が無かった人…25%
この数字から、発毛を期待できる薬とは言いがたいかも知れません。
が、ザガーロの成分であるデュタステリドはT・U型どちらも阻害する作用があります。
しかも、U型の阻害作用はプロペシアの3倍、T型は100倍にもなります。
つまりプロペシアよりも強く原因物質の生成を抑えてくれる効果が期待できます。
その結果から、発毛の効果を期待できる薬とされています。

ザガーロ服用後の発毛実績

AGAの改善のゴールは当然、毛髪が増えることだと思います。
せっかく毎日服用するのであれば、しっかり生やしたいと思うのも当然です。
ザガーロとプロペシアの毛髪の増減数の違いは、次のようになります。
・12週間
ザガーロ0.5mg錠 → 12週間の服用で、82.3本のプラス
プロペシア1mg錠 → 12週間の服用で、50.9本のプラス
・24週間
ザガーロ0.5mg錠 → 12週間の服用で、89.6本のプラス
プロペシア1mg錠 → 12週間の服用で、56.5本のプラス
ザガーロの発毛実績 12週間と24週間のザガーロとプロペシアの発毛効果を比較するとなんと平均で1.6倍もザガーロの方が効果が高いことが分かります。
また、1本1本の生えてくる毛髪の太さにも変化がでます。
太くて健康な髪が生えるのもザガーロの方が約1.4倍も高いことが分かっています。
「発毛量」と「健康な髪」、どちらをとってもザガーロに軍配が上がります。
名前の由来の通り、進化したAGA治療薬ということが、このデータから納得できるはずです。
より高いAGA改善効果を期待するのであれば、最新のAGA治療薬ザガーロがオススメです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る