2015年に認可されたザガーロ

デュタステリド含有のザガーロ 耐性のリスクがあるという一部の情報も相俟って、効果は高いもののその普及率は比例しなかったデュタステリドですが、低い普及率の裏側には日本国内において厚生労働省の認可という壁もありました。
治験結果を経て、海外ではいたって普通に服用されている薬も、日本ではまた別に認可までの過程をたどらなくてはなりません。
足が遅い日本の新薬認可事情ですが、デュタステリドもご多分に漏れず未認可の状況が続きました。
しかし、2015年になり、ようやくデュタステリドが含有される製剤がAGA治療薬として正式な認可を得ることとなり、日本では「ザガーロ」という名で登場しました。
認可が下りたことにより、これまでのデュタステリドのイメージにあった、効果もリスクも高い、未認可だから使うことに抵抗がある、といったことも気にならなくなり、本格的にAGA治療の選択肢に加わることとなったザガーロですが、その購入方法はどうなっているのでしょうか。
次に、ザガーロの購入に役立つ個人輸入について記載します。

個人輸入で購入するザガーロ

ザガーロの購入方法 商品名ザガーロ、アボルブなどの有効成分デュタステリドは医療用医薬品のため、ドラッグストアに行っても購入はできません。
育毛専門のクリニックに行き、相談をしたのちに処方されるという方法が一般的となっています。
しかし、これまでクリニックを受診したことがあり、AGAに関する情報と知識を自分自身でしっかりと得たうえで「プロペシア」や「ミノキシジルタブレット」といった薬を服用してきた方には、購入のためにまたあらためてクリニックに通うといったことが面倒なものであると思います。
そこで候補にあがるのが個人輸入です。
海外の医薬品を輸入代行するサイトにより、クリニック処方よりも安価に購入することが可能です。
日本は薬が高すぎる、という問題点がある手前、海外医薬品の個人輸入代行サイトを初めて見た方はまず安さに驚かれると思いますが、薄毛の治療は特に長期間にわたるものですので、購入コストを抑えることができるのは非常に大きなメリットとなります。
ただ、この場合の注意点はあまりにも安すぎるものは避けることにあります。
なぜなら、手軽な価格が多い海外医薬品とはいえ、他と比較してあまりに安価なものは偽物である可能性が高いからです。
海外での価格帯のラインはいくつかのサイトを見ればわかりますので、その平均を見ながら評価の高いサイトで購入するのがいいでしょう。
ザガーロにつきましては上述のとおり日本でも認可され流通しているものなので、輸入という概念を抱き難いかも知れませんが、ザガーロとまったく同じデュタステリドを有効成分とするジェネリック医薬品の「デュタス」や、同じくデュタステリド製剤の「アボダート」を個人輸入することで、有効成分、効果が同じものを安価に購入することが可能となります。
ザガーロの通販はコチラ
TOPに戻る