ザガーロの誕生経緯

ザガーロは2001年に誕生した育毛剤です。
と言いましても、もともと育毛剤だったということではなく、当初は前立腺肥大症の患者に投与する治療薬でした。
名を「アボルブ」として使われてきましたが、体に発毛効果がみられる、という事実がわかり、これを男性型脱毛症(AGA)を防ぐ薬として新たに作られ、現在はこの名前として認知されています。
ザガーロ 発売されたのは2015年であり、新しい薬でありますが、その効果はポピュラーなAGA治療薬プロペシアよりも強力とも言われているのです。

ザガーロの特徴

抜け毛の原因である男性ホルモン「テストステロン」が5α還元酵素の介入により「ジヒドロテストステロン」に変化します。
このジヒドロテストステロンが脱毛(そして前立腺の肥大)を招くのです。
デュタステリドはこの酵素の働きを妨げるという特徴があるのです。
ザガーロの作用 このことからザガーロは、難しい言葉になりますが5α還元酵素阻害薬と呼ばれています。
5α還元酵素には「1型」「2型」があり、他の育毛剤では「2型」しか効かないことに対し、ザガーロは1型、2型ともに抑えることから、その強力さがうかがえます。

ザガーロ服用の注意点

ザガーロの注意点 こうした育毛に関する医薬品は食事の影響を受けないのでお好きなタイミングで服用できますが、なんといっても薬ですから飲みすぎはいけません。
24時間の時間を空けて飲む必要があります。
育毛というのは髪本来が持つ「毛が生えて、抜けてゆく」というサイクルを戻すことでもあります。
急に結果を出そうとしてたくさん薬を飲んでも効果はありません。
基本、結果を実感できるのは個人差はありますが、3ヶ月程度かかります。
ダイエットなどもそうですが、結果が見え始めるまでの時期は辛いもの。
「そのとき」が来るまでにやめてしまう方が多いのがこうした肉体改造の問題点であり、それは育毛も同じです。
決められた時間に薬を服用するという習慣と、それに則した食事など、毛髪をきっかけに生活を見直すということも楽しみながら、頭皮の健康を取り戻す必要があります。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る