カツラと植毛の特徴

頭髪がさみしくなってきた、抜け毛が増えてきた、という実感は決して気のせいではないものです。
そのような場合、髪の毛をすぐに増やす手段として思いつくのは、カツラ(ウィッグ)、植毛といった方法かと思います。
以下に、それぞれの特徴を記載します。

・カツラの特徴
かつら カツラは頭部全体を覆うタイプと、薄くなった部分にアタッチメントのように取り付けるタイプのものとがあります。
「一瞬にして頭髪の見た目が豊かになる」というメリットがある反面、その利点はデメリットとしてそのまま跳ね返ってくるものです。
効果が目に見えやすいがゆえに、これまで接してきた人からは頭髪の薄さを隠蔽している人という印象を持たれてしまいます。
また、人工的な毛髪ではないため、カツラの質感に印象が左右されることになり、高い金額を出して購入したカツラなのに、つけると違和感があるということもままあります。
これは洋服などと同じで、高価で良いとされているものが自分に適合しているかどうかは別問題、ということです。

・植毛の特徴
植毛 もうひとつの方法が植毛です。
頭皮に直接毛髪を植え込む施術で、薄くなった頭皮をカバーします。
「人工毛植毛」という、合成繊維で作製された毛に似た材料を植え込む方法と「自毛植毛」といって、薄くなってない部分の自分の髪を頭皮に移植する方法とがあります。
前者は、自分の毛髪に稲穂のように毛の束を結びつけるというもので、比較的安価な反面、その自毛が伸びると再び人工毛の束を頭皮にまで引き下げなければならず、定期的なメンテナンスが必須となります。
自毛植毛の特徴は、自分の毛髪を他の場所に移すために移植に伴う外科手術が必要になる点にあります。
成功すれば見た目も改善されますが、金額としても高く、自分の頭皮を切開するのでそれなりにリスクを伴うこともあります。
麻酔により腫れるおでこやまぶたの症状が長引いてしまったり、また「ショックロス」と呼ばれる手術のショックにより、植毛した周囲の毛髪が逆に抜け落ちてしまうこともあります。

カツラと植毛、いずれにせよ本来の髪が生えるメカニズムとは違うアプローチとなることで、デメリットが多く際立つことになります。
進化している現代の薄毛(AGA)治療薬・育毛剤事情、プロペシアやミノキシジルといった薬の服用により、長期的に本来の頭髪環境を取り戻す努力を重ねるほうが、結果的に「安価、安全、確実」という結果となります。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る