プロペシアとツゲインを併用したらどうなる?

治療後の改善度 現在、発毛効果が公的機関から認められている成分に「フィナステリド」と「ミノキシジル」があります。
どちらも一般に市販されている育毛剤とは比べ物にならないほどの発毛効果があるので、中には両方を一緒に使ってみたいと考えている人もいるでしょう。
フィナステリドとミノキシジルは併用しても大丈夫なのでしょうか。
結論から言ってしまえば、フィナステリドとミノキシジルは併用すべきです!!
実際に発毛専門クリニックでAGAの治療を受けると、多くの場合は服用薬としてフィナステリドを、外用薬としてミノキシジルを、同時に処方されることがほとんどです。
これは両者の作用が異なるからです。
フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑えることでAGAを治療する薬です。
男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することでジヒドロテストステロン(GHT)が生成されます。
このGHTは脱毛ホルモンとも呼ばれ、髪の毛を作る毛母細胞の働きを弱めてしまいます。
そこで、フィンペシアは5αリダクターゼの働きを阻害することでGHTの生成を抑え、AGAを治療します。
一方、ミノキシジルは血管を拡張することで育毛を促す薬です。
加齢や食生活の乱れによって動脈硬化が起こると血管が狭くなって頭皮の血流量が減少します。
血流が減少すると発毛・育毛に必要な酸素や栄養素も減少することになりますから、薄毛や抜け毛が進行してしまいます。
そこで、ミノキシジルを使用して血管を拡張し、血行を良くすることで頭皮にたくさんの酸素や栄養を送り込み、毛母細胞の働きを活発にして髪の毛が育ちやすい頭皮環境へ導くのです。
このように、両者の育毛へのアプローチが異なるため、二つの薬を併用することで相乗効果が期待できるということになります。

費用を半額以下に抑えて長期利用が賢い

ただし、ここで問題となるのが費用のことです。
フィナステリドを使ったプロペシアやミノキシジルを使ったツゲインを日本国内で購入するためには、医師の処方箋が必要不可欠になります。
また、購入の際には保険が適用されないため、購入代金は全額自己負担となります。
できるだけ費用を抑えたいならば個人輸入を利用してジェネリックを購入するという方法があります。
プロペシアのジェネリックとしてはフィンペシアが有名ですし、ツゲインのジェネリックとしてはロゲインがよく知られています。
こういったジェネリックを購入することで出費を半額以下に抑えることも可能なので、フィナステリドとミノキシジルの併用を考えている人はフィンペシアとツゲインという選択肢も検討してみるとよいでしょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る