プロペシア+ロゲイン=フサフサ

フサフサの方法 最近はAGA治療も積極的に行われるようになり、多くの方が髪の悩みを解消したり、進行を抑えることができています。
市販の育毛剤や育毛シャンプーもある程度は抜け毛を抑えてくれるのには役立つものですが、市販の商品は劇的な改善効果を期待できるものではありません。
今は優れた治療が様々登場していますが、特によく選ばれているのが薬を利用した治療です。
薬は内服して改善していくタイプと、頭皮に直接つけて発毛を促進させていくものがあります。
そして、飲むタイプの薬で有名なのがプロペシア、そしてつけるタイプの薬として有名な存在がロゲインです。
プロペシアの特徴について知っておきたいですが、プロペシアの主な働きはフィナステリドによって行われ、前立腺肥大症の治療に使用されており、薬を使用している人に毛が増えるという副作用があらわれたことから、育毛剤として利用されるようになりました。
AGAの主な原因物質はDHTとなっていますが、DHTは5α還元酵素によりテストステロンが変換され生成されます。
そしてDHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合することで、成長期になる髪が退行期や休止期に移行する信号が出されてしまい、髪が抜けやすくなったり、細くなってしまうトラブルが発生します。
それゆえに、5α還元酵素の働きを阻害することは男性型脱毛症の改善には欠かすことができません。
そして、プロペシアとよく合わせて利用されている薬がロゲインですが、こちらはもともと高血圧の改善に利用されていた飲むタイプの薬です。
そして、薬を利用されている方に薄毛の改善が見られたこともあり、塗り薬として育毛治療に利用されるようになりました。
こちらは、血管を拡張し血行を改善する働きがあり、血行不良で薄くなってしまった頭頂部の髪の改善に役立ってくれるものです。
5%、2%のもの、女性用がありますが、男性の脱毛症の改善には5%のものがよく選ばれており、一日朝晩2回つけることで改善を目指していきます。
そしてプロペシアもロゲインも単体で利用するより併用した方が良い改善効果があるとされており合わせて処方されることも少なくありません。
薬の購入方法としては、医療機関での処方が一般的ですし、ロゲイン含有の育毛剤も市販で販売されています。
さらに最近は海外医薬品の個人輸入代行も人気となっており、より安く薬を購入したいという場合はこうした方法での購入も便利です。
プロペシアの通販はコチラ ロゲインの通販はコチラ
TOPに戻る