子作り中はプロペシアの服用は中止すべき

STOP 男性型の薄毛に効果が期待できると言われているプロペシアは、飲み続けてこそ効果を実感できる薬です。
その為、一度飲みだしたらずっと使い続けるというのが一般的なのですが、もしその男性が結婚していたらどうでしょうか。
そしてもし子どもを欲しいと願っていたら、やはり気になるのがプロペシアの胎児に対する影響です。
結論から先に言うと、ホルモン剤であるプロペシアを服用しながらの性行為に関しては、それほど気にする必要は有りません。
確かに精液にもその成分が含まれることになりますが、その濃度は気にする程ではありません。
従って、そんなに神経質になる必要はないのです。
ただまだまだ臨床結果が少ないのも実情なので、安全性を高める事を考えたらまず1か月から2か月程度はそれの服用をやめましょう。
(その間の性行為はしっかりとコンドームを使って避妊する様にします)そして体の中からその成分を排出してしまってから性行為をすべきです。
そうすれば、その成分が胎児に移行してしまうのではないかと心配する必要は有りません。
また、それを服用しながらただ性行為をするだけであれば、何ら問題はなく心配は不要です。

妊娠中は特に注意が必要

しかし、性行為自体は確かにそれ程心配する必要は有りませんが、女性がそれに触れる事に関してはかなりの注意が必要なのをご存知ですか。
特に妊婦がそれを服用してしまう、また触ってしまうだけでも皮膚からその成分を吸収してしまう事になります。
実はこの吸収してしまうというのが胎児、特に男児の方に影響を与えてしまうので注意が必要です。
従って、妊婦の人がいる場合はその人がその錠剤を直接肌で触れられないように保存・管理しておくべきです。
STOP また、時には妊娠中期に性行為をする事も有ります。
(初期・後期は危険性が伴うのであまり良い事ではありません)その場合はその成分が精液に含まれているという事に関係なく、精液自体が流産を誘発してしまったり、菌に感染させてしまう事があるので、必ず避妊するようにしましょう。
ちなみに、プロペシアの成分は大体1か月もすれば体からほぼその成分が無くなってしまいます。
(用心のために2か月程見ておくと、より安全です)AGAはそれを服用している時にのみ改善がみられるものなので、飲むのを辞めてしまうと効果を実感していた人も再び薄毛になっていってしまう事があるのを理解しておくべきです。
ただこの場合、プロペシアを再び飲むようになればまた効果を感じられるようになるので、それほど心配は有りません。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る