日本はアジア圏で薄毛の多い国1位

世界 ハゲや薄毛に対する悩みを抱えている日本人は年々増加していると言われています。具体的に言うと日本人の5人に1人の割合で毛髪に対して悩みを抱えています。
では世界の薄毛事情はどうなのか。実際に薄毛の多い国・少ない国は存在しており某企業の調査で薄毛の多い国1位はチェコ、2位はスペイン、3位はドイツ、そして日本は14位という結果がわかりました。アジア圏は薄毛が少ない傾向ではありますが、その中でも日本はアジア圏の中で薄毛人口率TOPという調査結果も出ています。
ハゲの多い国に共通するものは何かを調べてみると食生活においていくつか共通すべきものがわかりました。
上位3国で比べてみますと海産物よりも肉類を普段からよく食し、アルコールの摂取量も多いことがわかりました。油分の多い食事を摂りすぎると血の流れが悪くなります。髪の毛は血液から栄養を得て成長し、伸びてく仕組みになっています。血の流れが悪くなることで髪へ十分な栄養が届かず、細く抜けやすい髪へと変わってしまいます。
アルコールの摂取量が多いと髪に対してどんな悪影響があるのか。アルコールを摂りすぎてしまうと肝臓に負担がかかってしまい、髪に必要なたんぱく質の生成に障害が出てしまいます。またアルコールは摂取後にアルデヒドという害のある成分にかわる為、髪の成長に悪影響が出るとも言われています。
では同じアジア圏にも関わらず薄毛人口の少ない中国や韓国の食生活はどうなのか。中国と言えば中華料理であり、上記で述べたように油の多い料理は髪へ悪影響を与えるわけですが、一般の家庭では野菜や魚、豆類が多いと言われています。豆にはイソフラボンと言われる発毛効果にとても有効的な成分が含まれております。またウーロン茶には体内に取り込まれた脂を入集を抑えるタンニンが含まれており、髪だけでなく体にも良い飲み物です。
韓国の場合ですとやはりキムチになります。唐辛子にはカプサイシンと呼ばれる成分が豊富に含まれており、こちらも発毛効果に有効的と言われています。
お米や魚を主食としてきた日本ですが、時代がすすむにつれ他国の食文化を取り入れてきた結果、現在では欧米化していると言っても過言ではありません。
また調査の結果では今後も日本での薄毛の割合はどんどん増えていくと予想されており、最も薄毛の少ない中国と比較してみるとやはり薄毛と食生活には因果関係があると思います。
TOPに戻る