身体への負担は少ない

男性型脱毛症になると少しずつ進行し、自然治癒は難しいとされています。
かつてはこれといった対応策がありませんでしたが、今はAGA治療も進化しており、様々な方法で改善できる時代となりました。
そして、数ある治療の中でも特に取り入れやすい治療としては、薬を利用した治療があげられ、体への負担も少ないですし、薬を飲んだりつけたりするだけですので、誰もが簡単に取り入れることができますし、医療機関に通う頻度も少なくて済みます。
AGA治療に使われている薬として特によく利用されているのがプロペシアです。
プロペシアは飲むタイプの育毛剤となっており、一日一回飲むことで抜け毛を抑えて、進行を防いでいくことができます。
プロペシアの主成分はフィナステリドとなっており、もともとは前立腺肥大などの治療に使われていましたが、薬を使用している人に毛が増えるという副作用が認められたため、育毛剤として利用するようになりました。
フィナステリドには男性型脱毛症の原因物質であるDHTの働きを抑える効果があるとされています。
そして、薬は飲んだからといってすぐに効いてくるわけではありませんので、数ヶ月は続けていく必要がある薬です。
プロペシアには市販の育毛剤などでは感じることができない良い効果が期待できますが、やはり薬ですので少なからず副作用はあるものです。
そして薬は長く続けていく必要がありますので、体への影響が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
AGAのメカニズム

副作用は軽い

副作用 使用前には、まずは薬の副作用についてよく確認しておきたいものです。
プロペシアはもともと前立腺肥大の治療に利用されていますので、気になるのはやはり性機能への影響ではないでしょうか。
人により副作用には個人差がありますので、同じ薬を飲んでいても、これといった副作用があらわれない方もありますし、強く出てしまう場合もあります。
よく起こる副作用としては頭痛、腹痛、さらに性欲の減退や勃起不全などが起こる場合もあるとされており、動悸や息切れが起こる場合もあるようです。
それから薬を飲み始めてから髪が多く抜ける初期脱毛の症状が出る場合もあるとされています。
そのほかでは胃部不快感、眠気などの症状が出る場合もあり、継続使用によりまれに肝機能障害が出る場合もあるとのことです。
とはいえ、こういった症状は誰にも出るというわけではなく、出た場合も症状は軽めであることが多いとされています。
副作用が強く出る場合は我慢せず、医師に相談してみると良いでしょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る