ロゲインの効果的な使い方

睡眠 ロゲインの有効成分であるミノキシジルの育毛効果は非常に高く、薄毛の治療薬として厚生労働省の認可を受けている数少ない成分の一つです。
ですが、使い方を工夫することでさらに育毛効果を大きくすることができます。
まず、ロゲインを使用するタイミングですが、基本的に就寝前の使用が一番効果が期待できます。
というのも、髪の毛の生育に大きな影響を与える成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されることがわかっているからです。
特に0時を挟んだ前後4時間は成長ホルモンのゴールデンタイムとも呼ばれる時間帯なので、この時間帯に睡眠をとることがとても大切になります。
睡眠中の効果をできるだけ大きくするために、夜にお風呂に入浴することも大切なことです。
頭皮についた汚れや皮脂をそのままにしていると毛穴に詰まってしまい、頭皮の乾燥や炎症を引き起こします。
ですから、就寝前に汚れや皮脂をきれいに洗い流すことで髪の毛の生えやすい頭皮環境をつくり出すことが大切です。
また、毛穴に詰まった汚れや皮脂を洗い流すことでロゲインの有効成分が頭皮の奥深くまで浸透しやすくなって育毛効果が大きくなります。
なお、ロゲインを塗布するときにはなるべく髪の毛を乾燥させてから使用するのがお勧めです。
頭皮が濡れていると有効成分が吸収される前に流れてしまいます。

皮脂の落としすぎに注意

髪の毛にとって皮脂は悪者のように考えられがちですが、健康な頭皮環境のためには適度な皮脂は欠かすことができません。
皮脂を落としすぎてしまうと頭皮を保護するものがなくなってしまうため、水分がどんどん蒸発してしまって頭皮が乾燥してしまいます。
市販のシャンプーは石油系の界面活性剤が使われているものがほとんどですが、これは洗浄力が強すぎて必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
できれば、アミノ酸系のシャンプーを使うなど適度な洗浄力を持つシャンプーを使うようにすると大きな育毛効果が期待できます。
皮脂 頭皮環境の改善ではマッサージもとても大切です。
頭皮が硬くなってしまうと髪の毛は生えにくくなってしまいます。
自分の指でマッサージしてもよいですし、赤外線をつかった育毛ブラシを使っても良いので、入念にマッサージして頭皮を柔らかくしておきましょう。
また、マッサージの効果で血流が良くなることでも育毛効果が期待できます。
ロゲインと内服タイプの育毛剤を併用するのも大きな効果を期待できる方法です。
フィナステリドのような男性ホルモンを抑制するような成分と一緒に使用することで、身体の内側からと外側から同時に育毛を促すことができます。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る