ロゲインのメカニズム

ロゲインのメカニズム 頭頂部の薄毛であるAGAに悩む男性にとっては、ロゲインは効果的な育毛剤です。
その配合成分は、ミノキシジルを含んでおり、それを頭皮に直接的に塗布を行うことによって使用します。
特にロゲインで発毛を促進する、ミノキシジルという成分が脱毛を抑えることができ、複数の育毛剤を併用して使用すると効果が高いです。
ミノキシジル配合成分量には、5%と2%がありますが、初心者や女性なら2%からスタートをすることが良いです。
ミノキシジルの効果は血管を拡張させる働きがあり、それで頭皮の血行を良くして、髪の毛を生えさせようとするものです。
なおロゲインを使用する上での注意点は、まず塗布をし続けて2〜4ヶ月の間までに何らかの発毛効果が出るのが普通ですが、それが出ない場合は使用を中止します。
そして、一日2回朝晩にロゲイン1mlを頭皮に塗布します。
60mlが一か月分の目安になっているため、それ以上を使いすぎると効果があるというより、副作用の危険性が高まります。
また目に入らないように注意しましょう。
整髪料のジェルやワックスの利用もすることが出来ますが、ロゲインを塗布した後の乾いた状態で利用することが肝心となります。

副作用の種類

副作用 副作用については、通常の用量を厳守していればほとんど心配ないと言われています。
ただミノキシジルによる重大な副作用が起こった事例もあるので、用量を守らず使いすぎてしまうととても危険なので注意が必要です。
その副作用の種類は、低血圧や多毛症、ニキビ、肌荒れなどがあります。
また性的不能や性欲減退を始め、頭皮のかゆみや手足のしびれ、頭痛、動悸息切れ、かすみ目等です。
最近は、病院で処方してもらうより、輸入代行業者を利用しての個人輸入で購入して入手することが多くなっていますが、病院よりも安く手に入れることが出来るのが魅力です。
ただ安いことから大量に購入してしまい、使い切れずに塗布しすぎを招く恐れがあるため、この使いすぎだけは注意をするべきです。
仮に使用している最中に副作用や異常等を感じたら、直ちに使用を中止します。
直ちに使用を中止すれば、大抵は副作用や異常が収まり終息することが多くなります。
それでも念のために、副作用や異常が出たことを医師に相談を行いながら再使用なりを検討すると良いでしょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る