ロゲイン2%は女性でも使用できる

女性の薄毛
髪の悩みは男性に多いものですが、最近は女性も薄毛や抜け毛に悩んでいる人が増えています。
薄毛や抜け毛を改善するためにはマッサージで血行を促進させる、育毛剤や育毛シャンプーを利用する、食事や生活習慣を改善するなどがあげられますが、こうした努力を行っていても、一度薄くなってしまった髪をもとのように戻すのは難しいものがあります。
かつては改善が難しいとされていた薄毛ですが、今は治療でかなり改善できるようになりました。
治療方法にも様々な種類がありますが、特に利用しやすいのは薬を使っての改善です。
この方法なら薬を飲んだり、つけたりするだけで、手術なども必要なく、誰にも簡単に取り入れていくことができます。
飲むタイプの薬では男性が利用するプロペシアが有名ですが、飲むだけではなく、直接頭皮につけて改善していくものもあります。
ロゲインはミノキシジル含有の育毛剤で薄毛治療に役立つものとなっていますが、ミノキシジル含有量は5%、2%、そして女性用のロゲイン2%という3種類が販売されており、使用は満18歳以上に限られている薬です。
そして飲むタイプの育毛剤と合わせて利用すれば、さらに高い効果を得られるとされています。
そして効果については頭頂部の薄毛の改善に役立つとされており、頭頂部が薄くなってきた方の改善に役立つタイプの薬です。
ロゲインの購入は医療機関での処方、もしくは海外医薬品の個人輸入という形となり、毎日つけることで効果をあげていくこととなりますので根気よく続けていきましょう。
そして、ツゲインという薬も注目されていますが、ツゲインはロゲインのジェネリック的な医薬品となっており、ロゲインよりかなり安く購入できることでこちらも人気となっています。
ツゲインはロゲインと同様、ミノキシジル含有の育毛剤となっており、こちらも満18歳以上からの使用となっており、ミノキシジル含有量もロゲインと同じく5%、2%となっていますが、ロゲインのように男女で別れていません。
そして女性にはロゲインは2%含有のものの使用が推奨されています。
ツゲインもロゲインと同じく、頭頂部の薄毛の改善に役立つ薬で、こちらも購入は医療機関での処方、そして海外医薬品の個人輸入という形です。
頭頂部が薄くなる原因として、血行不良があげられますが、ミノキシジルはその血行の改善に役立ってくれるものです。
そして効果は2,3ヶ月ほどで現れてくるとされていますが、半年以上経っても効果が現れない場合はその薬が向いていない場合もありますので、医師に相談してみましょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る