ロゲインの働き

ミノキシジルの作用 ロゲインはミノキシジルを有効成分とする外用育毛剤です。
ミノキシジル成分は内服薬のプロペシアに使われているフィナステリドと並んで育毛効果が高いことで定評のある薄毛治療薬です。
ミノキシジルには血管を拡張する作用があるため、もともとは高血圧の患者のための治療薬として開発が進められてきました。
ところが、血管拡張により血流が改善されることで発毛効果が認められ、海外ではロゲインという商品名で発売されることになりました。
ロゲインはツゲインのジェネリックということになります。
ジェネリック医薬品ということで安く購入できることが大きな特徴の一つです。
先発医薬品と比べると半額程度の価格で購入することが可能です。
育毛剤というのは効果が出るまで半年から1年かかることもありますから、その期間中毎日使い続けることが必要になります。
また、効果が出たからといってすぐに使用をやめてしまうと髪の毛の成長が止まってしまうの、効果が出た後も長期間にわたって使い続ける必要があります。
ですから、価格が安いということは育毛剤選びでは非常に大切なポイントになります。
副作用が少なく、安全に使うことができるというのも特徴です。

ロゲインに副作用は殆どない

副作用 内服タイプの育毛剤は大きな効果が期待できる反面、副作用が出やすいという特徴を持っています。
一方、頭皮に塗布する外用薬タイプのロゲインはその効果が頭皮近辺に限定されるため身体に与える影響を最小限に留めることができます。
もちろん、もともとは高血圧の治療薬だったわけですから低血圧の人や降圧剤を服用している高血圧患者が使用する場合には注意が必要ですが、健康な人の副作用はほとんど報告されていません。
副作用が少ないということで女性も使うことができるというのも特徴です。
育毛剤の中でも男性ホルモンに作用するタイプの商品は妊娠期の女性が使用すると胎児の生殖器が正常に発達しないなどの深刻な副作用を持つものがあります。
しかし、ミノキシジルはあくまでも血管を広げることで血行を促進して発毛を促すだけなので、性ホルモンや成長ホルモンなどには一切作用しません。
なお、ロゲインにはミノキシジル配合量が1%のものから10%のものまでありますが、女性の場合は1%か2%のものの使用が推奨されています。
ロゲインは病院でも処方してもらえますが、個人での利用に限定すれば処方箋なしで個人輸入でも購入することができます。
代行業者を利用すれば面倒な通関手続きもないので手軽に購入することができます。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る