髪が薄くなったら早めの対処が重要

かつては髪が薄くなってしまった場合は、医療でも進行を抑えることは難しく、育毛シャンプーや育毛剤の利用で少しでも進行を抑える、そしてかなり薄くなった場合はかつらでカバーするなどが一般的な対策でした。
でも、今は様々な治療が登場しており、治療で悩みを改善したり、抜け毛の進行を抑えることに成功している方も増えてきています。
育毛治療でも特に取り入れやすく、費用も抑えられるといえば、やはり薬による治療があり、薬も飲んで抜け毛を抑えるものもあれば、頭皮に直接つけることで改善を図るタイプのものもあり、医療機関で診察を受けた上で、それぞれにあった薬が処方されることが一般的です。
市販されている育毛剤などとは違い、かなり高い効果を得られることで注目されていますが、塗るタイプの薬としてはツゲインという薬が良く知られています。
ツゲインはロゲインのジェネリック的な存在で、主成分がロゲインと同じくミノキシジルとなっていますが、ロゲインよりさらに安く購入できることもあり、こちらを選ぶ方も多くなっています。
ロゲインの購入は医療機関で処方してもらう、そして海外医薬品の個人輸入という形でも購入が可能です。
ロゲインの主成分であるミノキシジルは血行を良くして育毛効果をあげてくれるものとなっており、頭頂部の薄毛に良い効果があるとされています。
ミノキシジルはもともとは高血圧の改善のための経口薬として利用されていましたが、薬を使用している人に脱毛を抑える効果、毛が増える効果が得られたことから、育毛剤としても利用されるようになりました。
ロゲインは女性にも利用されている薬ですが、男性の場合は飲む育毛剤であるプロペシアと併用して効果をあげていくことが多くなっており、ミノキシジルの利用後は2,3ヶ月ぐらいで効果が出てくるといわれていますが、半年以上たっても効果が出ない人もあり、こうした場合は薬の使用をやめることも多くなっています。
そして薬が効かない理由としては、既に髪が薄くなって長い期間がたっている人にもあまり効果が上がらない傾向にあるようです。
どちらかというと、短期間で薄くなってしまった方に有効な薬となっており、やはり効果には個人差があります。
良い効果をあげるためには髪が気になってきたら早めに使用するのが良いと言えるでしょう。
そして薬を使っていても、生活習慣が乱れていたり、喫煙なども血行を悪くしてしまいますので、こうした習慣も薬の効き目を悪くしてしまいますので、こういった部分も改善したいものです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る