外用育毛剤で唯一FDAに承認を受けたミノキシジル

ツゲイン ツゲインはミノキシジルを有効成分とした育毛剤ロゲインのジェネリックということになります。
ジェネリックだけあって価格の安さが魅力の商品であり、ロゲインの半額程度で購入できます。
ミノキシジルは元は高血圧の治療薬として開発されていました。
しかし、臨床試験の過程で発毛を促す効果が認められたため育毛剤としての開発も平行して行われるようになり、1980年代に当時のファイザー製薬からロゲインという商品名で外用育毛剤として販売されました。
ミノキシジルの有効性は公的機関からも認められていて、外用育毛剤としてはアメリカ食品医薬品局(FDA)から承認を受けている唯一の成分となっています。
育毛剤は基本的に数ヶ月から1年ほど続けて使用するものなので、同じ成分の育毛剤が半額で購入できるというのは経済的な負担を大きく減らすことにつながります。
ミノキシジルの発毛効果は血流の改善によるものです。

血管の拡張で頭皮に酸素や栄養を送る

皮膚の構造 既に述べたように、もともとミノキシジルは高血圧を治療するために開発されたもので、血管を拡張する作用を持っています。
ですから、ミノキシジルを使用すると血管が広がって血流が良くなり、血流が良くなれば血液によって頭皮に運ばれる酸素や栄養が増えます。
その酸素や栄養が毛母細胞の働きを活発にして細胞分裂を促し、その結果として新しい髪の毛が生えてくるということになります。
ロゲインは比較的安全な育毛剤で、深刻な副作用の報告は多くありません。
その証拠に、同じ育毛剤として人気のあるフィナステリド(プロペシアの有効成分)は女性や子どもが使うことは強く禁じられていますが、ミノキシジルは女性でも使用することができます。

ロゲインの副作用(頭皮の炎症・アレルギー)

ただし、医薬品である以上、副作用はあります。
ロゲインの副作用でもっとも多いのは頭皮の炎症です。
血行が促進されることで皮脂の分泌も過剰になることがあり、皮脂が原因で頭皮に痒みが出たり、発疹がでたりすることがあります。
また、人によってはプロピレングリコールという成分がアレルギーを起こすこともあります。
有効成分ミノキシジルの血管拡張作用によって血圧が下がることがあるので、低血圧の人や高血圧のために降圧剤を服用している人も注意が必要です。
場合によっては血圧が下がりすぎてふらつきやめまいが起こることがあります。
また、血行が良くなることで顔が赤くなったり、火照りを感じることもあります。
ロゲインにはこのような副作用が見られることがありますが、容量・用法をきちんと守っていれば、重篤な症状になることはありません。
ロゲインを2倍使ったからといって効果も2倍になるということはないので、使い過ぎには注意しましょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る