AGAの一番多い原因は遺伝

ハゲの遺伝 薄毛に悩む男性は、年齢にかかわらず大勢います。
しかしその薄毛、実はAGAと呼ばれる症状の一つかもしれません。
AGAとは男性型脱毛症と言い、比較的若い人がなる若年性脱毛症と中高年に多い壮年性脱毛症のことを指します。
年齢を重ねるごとにだんだんと額が後退してきたり、頭頂部が薄くなるといった症状が現れます。
額の生え際が後退する型や、頭頂部から薄くなっていく型があります。
なんと早い人では10代後半から症状が出ることもありますので、そういった場合は早めのケアが必要になります。
原因として一番多いのは遺伝です。
遺伝によって男性ホルモンのバランスが偏ったりした場合、AGAを発症する確率が上がります。
これは完治するということはなく、薬や植毛などによって進行を遅らせることが主な治療となります。

ミノキシシジル成分のロゲインとは?

皮膚の構造 そんなAGAの人々に今注目されているのが、ミノキシジルという成分です。
これは薄毛の治療に絶大な効果を発揮する外用薬で、様々な育毛剤に使用されています。
ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として使用されていましたが、患者の多くが使用しているうちに全身の毛が増えていったとの報告があり、研究が始まりました。
臨床試験の結果、 ミノキシジルの持つ血管拡張の効果によって毛根や毛母細胞が活性化し、発毛を促すことが分かり、AGAなど薄毛の治療薬として発売されました。

「ロゲイン」のジェネリック「ツゲイン」は激安!!

ツゲイン このミノキシジルを含んだ育毛剤として人気なのが、ツゲインという商品です。
これはロゲインという育毛剤のジェネリック医薬品で、高い効果を保ちながらも非常に安い価格で購入することができるため、今では多くの人が愛用しています。
ミノキシジル含有量によって5%と2%の2種類が発売されています。
やはり含有量が多い方が効果も高いため、現在は含有量5%が最も使用されています。
使用は満18歳以上に限られており、頭皮の弱い女性は2%のものの使用が勧められています。
ロゲインを使用したい場合、一般的には医療機関を受診して医師の処方を受ける必要があります。
もしも誰にも知られずに使ってみたいという場合は、海外医薬品を取扱う輸入代行業者を通じて、手軽に輸入することもできます。
輸入と言っても難しいことではなく、普通に日本で通販をするのと同じような手順で購入できます。
海外の医薬品の輸入は、個人で使用する目的でのみ認められているため、誰かに転売することは法律で禁じられているので注意が必要です。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る