ミノキシジルの育毛剤を購入するなら通販が便利

ミノキシジルの育毛剤を購入するなら通販が便利 AGAの方にとって、抜け毛を減らすために必要なのがプロペシア、もしくはザガーロですがもう1つ重要な事がありますよね?それは減ってしまった髪を再び増やす事です。そのために使わなければならないのが「ミノキシジル」を配合した育毛剤。高血圧の治療のために開発された成分なのですが、臨床試験の過程で発毛を促す効果が認められたため育毛剤としての開発も平行して行われるようになりました。

プロペシアの通販
ザガーロで増毛

1980年代に当時のファイザー製薬(現在はマクニール社から販売)からロゲインという商品名で販売開始となったのです。アメリカを始めとして世界各国で販売されていますが、日本では承認されていないため販売されていません。そのためロゲインを購入するのであれば通販を利用しなければならないのです。通販はロゲイン以外でもミノキシジル配合の育毛剤が多く販売されており、ジェネリックのツゲイン(インドのシプラ社から販売)や、ミノキシジルタブレットなども手に入れる事が出来ます。もちろんプロペシアもしくはザガーロと合わせて購入も可能です。

ロゲインの使い方

その際はロゲインなどのミノキシジル製品の育毛・発毛効果と、プロペシアかザガーロで抜け毛を減らせる相乗効果も見込めます。医療機関だけではなく通販を利用する事も視野に入れれば、それぞれのメリット・デメリットを比較して効率よく薄毛の改善が出来るはず。一方を利用するだけではなく経過を見たいから医療機関へ行こう、その次は薬だけが欲しいから通販で買おう、といった事も出来るので薄毛改善の自由度が一気に上がりますよ!

通販ならミノキシジルの育毛剤が豊富に揃う

ミノキシジルを配合する育毛剤は通販でのみ購入出来る製品、日本でも購入出来る製品と実に多くの種類があります。代表的な製品といえば元祖と言っても過言ではないロゲインの知名度は頭一つ分抜けているのではないでしょうか?国内では販売されていないにも関わらず、AGAで薄毛になってしまい、治療を考えている方にとっては広く知れ渡っています。その他、ロゲインのジェネリックであるツゲインなども安さから人気です。またロゲインなどの外用薬より効果が高いと言われる、錠剤タイプのミノキシジルタブレットにも注目が集まっています。

国内では唯一ミノキシジルを配合する育毛剤のリアップ(大正製薬から販売)が有名です。医療機関へ行かなくても薬局で買えるため、すぐに使いたい場合とても便利です。しかし価格がやや高いのがネックで、それならばロゲインなどを購入した方が費用の軽減が出来ますよね?そういった長所や短所も色々あるので、このページではそれぞれについて説明していこうと思います。

通販のメリットや製品について

通販のメリットや製品について 冒頭でも説明しましたがミノキシジルは元々高血圧の治療薬として開発されました。血管拡張作用があり、血流を促進させます。またこの時の形状、実は錠剤でした。つまりミノキシジルタブレットだったのです。もちろんその当時は育毛剤として認知されていたわけではありません。患者の多くから「使用しているうちに全身の毛が増えた」という報告が多数寄せられたため、育毛剤として研究が始まったのです。

そして臨床試験の結果、ミノキシジルの持つ血管拡張作用で毛根や毛母細胞が活性化し、発毛を促すことが分かります。AGAなど薄毛の治療薬としてロゲインが発売されました。この時点で気付かれた方も多いとは思いますが、なぜミノキシジルタブレットではなくミノキシジル外用薬(つまりロゲイン)として販売されたのかを。

実はミノキシジルタブレットは効果が高いものの、副作用も強いという事が判明したため、育毛剤として使うとリスクのほうが大きいのではないか?という懸念がなされたためローションやフォーム(泡状)などの形状で、リスクを少なくして発売するに至りました。

外用薬は安全性がとても高く育毛・発毛効果も安定して得られ、これまで世界中の男性に使われてきました。しかし日本でロゲインは承認されていないため、医療機関や薬局で手に入れる事が出来ません。仮に医療機関で取り扱っているところがあれば恐らくは独自のルートで個人輸入をしているのではないでしょうか?

医療機関へ行けばロゲインがすぐに手に入るかもしれませんが、向かう時間や待ち時間、診察費、処方料、そしてロゲインの代金と色々とコストがかかってしまう可能性が高いです(診察費が無料という医療機関もありますが)。ならば自分で個人輸入をした方が色々と安上がりになるのでは?と思いついたでしょう。しかし自身で行う個人輸入は手続きなどが必要な事もあるので面倒に感じるかと思います。

通販で色々な手間を省きましょう

そこで個人輸入を代わりに行ってくれる「個人輸入代行業者」を頼るというわけです。海外の業者とのやり取り、そして配送の手続きを購入者に変わって行なってくれる企業で、通販サイトを運営しているのもほぼ個人輸入代行業者でしょう。サイト上は日本語表記ですのでわざわざ翻訳したりなど意味を調べる必要もなく、スムーズにお買い物が出来ます。そして注文(例えばロゲイン)が決まったら、購入者へいつ届くか?代金はいくらか?といったメールが届くので、それに従って手続きを済ませます。

ただ注意としては通販サイト自体は商品の在庫を持っていません。いわゆる仲介業者的な役割であるため、取次やユーザーサポートが主な業務のようですので、商品の到着は海外の業者から直接ユーザーが希望する配送先に届きます。なぜなら個人輸入は転売が禁止されていたため。海外の業者から商品が通販サイトの運営会社(個人輸入代行業者)に届き、そこで一旦留めてからユーザーに発送すると転売とみなされてしまうのです。

そういった理由もあり国内の通販サイトのように早ければ即日配達、という事が出来ませんのでその点には注意が必要です。ただ通販サイトの利用の仕方が分からない、代金の支払はどうすればいいのか、などメールや電話で対応しているため、困ったときにも助けとなります。

通販でミノキシジル製品を購入した方がお得

プロペシアの通販のページでも説明をしていますが、通販は商品の価格が安いのも嬉しい点です。例えばロゲインとリアップ。どちらもミノキシジルの含有量は5%、内容量も60mlとほとんど同じといっても差し支えはありません。しかし価格はなかなかの差があります。ロゲインの場合、通販サイトの平均価格は1本4000円。2本セットの場合、1本を選ぶよりも単価が安くなっている場合が多いようです。一方のリアップの定価は1本7000円以上します。単純に3000円以上の差があり、ロゲインの2本セットとほぼ同額です

同じ成分が使われ、なおかつ量も同じ。しかし価格は日本で販売されているミノキシジル製品のほうが高い。ロゲインの場合は少し時間がかかるもののリアップならば薬局へ行けばすぐに手に入る。どの点を重視するかにもよりますが、総合的に判断すればロゲインのほうがお得なのではないでしょうか?薄毛の改善にはかなりの時間を要します。ミノキシジルも即効性はなく、プロペシアと同じように最低でも半年間は使ってもらいたい成分です。

それを考えると通販を利用すればコストダウンも見込めますし、待つ時間も最初に注文するときだけで、後は少なくなった頃を見計らい注文をすれば、無くなったタイミングで注文した商品が届き使うことも出来ますよね?そういった点で総合的に見てみると通販でロゲインを始めとしたミノキシジルの育毛剤を購入した方が良いのではないでしょうか?

育毛剤の選択肢が広がる通販

そして忘れてはならないのがロゲインのジェネリック。その中で人気の製品が「ツゲイン」です。インドの製薬メーカー、シプラ社が販売をしております。シプラ社といえばプロペシアジェネリックの「フィンペシア」も有名ですね!通販では合わせて購入する事も出来るので、AGA治療のコストが相当下がります。

ミノキシジル含有量は2%、5%、そして10%!ロゲイン、リアップX5プラスの2倍の含有量です。ミノキシジルは多い方が効果も高いと言われているため、10%のツゲインが一番使用されています。ちなみにその価格はロゲインとほぼ同じで、3600円。ミノキシジル含有量が倍でしかも量は60mlと一緒。ツゲインもまた薄毛に悩む方にとっては1つの有効な改善方法となるでしょう。

厳密に言えばジェネリックではありませんがミノキシジルを配合している育毛剤の中でも多くのラインナップを販売しているのがポラリス。アメリカの企業であるポラリス社が販売を行っております。2009年創立とまだ若い企業ですがロゲイン、ツゲインに並び知られるようになりました。スタンダードなNR-07(ミノキシジル5%)、NR-08(ミノキシジル8%)やミノキシジルを16%とさらにフィナステリド(プロペシアの有効成分)0.1%が配合されているNR-10なども展開しています。

ポラリスはロゲインやツゲインにはないフィナステリド配合という点も大きな特徴で、一歩進んだ育毛剤と言えるでしょう。ただ価格は割と高めでNR-10を希望する場合5000円程度が必要となります。しか人とはちょっと違う育毛剤を使っていたい方であれば、最先端を行くポラリスを一度検討するのもありなのではないでしょうか?

ポラリスとは

ミノキシジルタブレットも通販で購入出来る

ミノキシジルタブレットも通販で購入出来る 続いては育毛剤の最終兵器とも称される(?)ミノキシジルタブレットについて。冒頭から何度かご説明をしましたがミノキシジルは高血圧の治療のため、1960年代に開発された成分です。ファイザー製薬から「ロニテン」が元祖であり、現在も販売されています(ただし日本では承認されていません)。これもまた既に説明をしましたが高血圧治療の副次効果として発毛を促進することが判明。

しかし研究や臨床試験を重ねた結果、薄毛を改善する効果は高いものの「副作用も強く現れる可能性が高い」ため、リスクの低い外用薬の開発が始まりました。ですが現在では薄毛改善のために使用される方も多くなり、人気が高まってきています。昔とは違い色々な情報も得られやすくなり、副作用が強いという点も承知の上で購入される方も多いです。その副作用は全身の体毛が濃くなってしまう多毛症や、頭痛・めまい・動悸などが多く報告されています。

ただ使い方に気を使えばロゲイン以上の効果を発揮するミノキシジルタブレット。もし興味がおありであれば通販で注文をするのが一番簡単でなおかつ安価なのでおすすめ。医療機関では取り扱っているところがあまりなく価格も高いです。その理由は承認されていないため。ならば海外から個人輸入をするしかありません。通販ならばその手続きも必要無く、ジェネリックも豊富に揃っています。

その中でロニテンよりも有名かもしれないノキシジルという製品があるのですが、5mg100錠で3500円前後。10mg100錠で4000円前後という価格で購入する事が出来ます。それぞれ半分にして使う事でコストカットが出来るため、長期間続けねばならないAGA治療における負担もかなり軽減することでしょう。

ミノキシジルタブレットの効果
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る