リアップとロゲイン

リアップとツゲイン リアップとは1999年より大正製薬から発売されているミノキシジルを主成分とした頭皮に塗るタイプの発毛・育毛剤です。
日本国内においては、最もよく知られている発毛・育毛剤と言えるでしょう。

それでは海外ではどうなのでしょうか。
驚くべきことに、1980年代にはすでにロゲインという商品名でミノキシジルの外用薬が販売されており、その後も様々な発毛剤、育毛剤、AGA治療薬が開発されています。
調査・比較すればすぐに分かりますが、日本はハゲ、薄毛、脱毛の分野においては海外から遅れていると言わざるを得ません。
世界的に見れば、圧倒的に「ミノキシジルの塗り薬=ロゲイン」であり、リアップを知っている海外の方は皆無と言えるでしょう。

また、価格面においても世界と日本では大きな差があります。
ロゲインにはツゲインというジェネリック医薬品があり、これを利用するとその差は顕著です。
以下はミノキシジル5%配合のリアップとツゲインの価格です。

・リアップ5(60ml)1本 7500〜8500円
・ツゲイン5(60ml)1本 2833円
 ※販売サイトにより価格は異なります。

主成分であるミノキシジルの含有量は同一ですので、その効果は同等と言えるでしょう。
しかし日本と海外とではこれだけの差があるのが現実です。
どれだけ日本が遅れているのかが窺い知れると思います。

発毛剤・育毛剤は毎日利用しなければ意味がありません。
毎日利用するからには安いに越したことはなく、事実、経済的な事情から途中で薬を購入できなくなり、泣く泣く脱落されている方も多くいらっしゃるようです。

上述の通り、発毛剤・育毛剤の分野は海外の方が進んでいることからも、日本人にありがちな「日本ブランド」を盲信することは、この場合はデメリットでしかありません。
長く続けるためにも同じ効果ならば、出来るだけ安いものを利用するようにしましょう。

また、ツゲイン・リアップともに言えることですが、服用するタイプの発毛・育毛剤であるフィナステリド(商品名プロペシア)を同時利用することで効果が上がるという研究結果が出ています。
これは、ミノキシジルとフィナステリドが別々のアプローチで発毛・育毛の効果があるためで、同時に利用することで相乗効果が生まれるためです。
プロペシアにもロゲインと同様で、同等の効果で安価に購入できるフィンペシアというジェネリック医薬品があり、先発薬のプロペシアと比較して半額以下で購入することが可能です。

リアップからツゲインに乗り換えることにより購入費用を抑え、その浮いた分でフィンペシアを購入し、より一層の効果を求めるのが最も賢い育毛方法であると言えるでしょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る