AGAはプロペシアで解決!

AGAの改善 プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬で、その効果は厚生労働省からも承認されています。
国内の臨床試験では1年間服用し続けた人のおよそ60%、2年間服用を続けた人の70%、3年服用を続けた人の80%に発毛効果が認められています。
AGAとは男性ホルモンが原因となって起こる薄毛や抜け毛のことで、症状としては頭頂部や生え際が薄くなるのが特徴です。
一度AGAになってしまうと自然に回復することはまずありません。
放っておくとどんどん進行していってしまうので、早めの対策が必要になります。
プロペシアの持つ治療効果は有効成分であるフィナステリドの働きによるものです。
テストステロンが5α還元酵素と結び付くことで生成されるジヒドロテストステロン(GHT)が原因物質となります。
GHTが毛根部にある毛母細胞に作用すると髪の毛は成長をストップさせてしまうため、今生えている髪の毛が抜けてしまったり、新しい髪の毛が生えなくなってしまったりします。
これがAGAのメカニズムです。
フィナステリドは5α還元酵素の働きを阻害する成分です。
フィナステリドが5α還元酵素に作用すると、5α還元酵素の活性が弱まってGHTの生成が抑えられます。
GHTが減少すれば毛母細胞の活動が再び活発になり、新しい髪の毛が作られるようになります。
これによってAGAを治療するのです。

プロペシアの服用期間と経済的な負担

ヘアサイクル プロペシアの服用期間ですが、最低でも半年は飲み続けることが必要です。
というのも、毛髪には成長サイクルというものがあるからです。
AGAになってしまうと髪の毛は成長をやめて休止期に入ります。
この休止期は3ヶ月から4ヶ月程度続くため、AGAの治療が成功したとしても、髪の毛が生えてくるのは休止期が終わってからということになります。
ですから、飲み始めて1ヶ月や2ヶ月といった時期に効果が実感できないからといって服用をやめてしまうと、本当の効果を判断することができません。
現在、日本国内でプロペシアを購入するためには医師の処方箋が必要になります。
ドラッグストアなどでだれでも購入できるようなものではありません。
また、購入には保険が適用されませんので、全額を自己負担で購入する必要があります。
つまり、購入する度に病院の診察料と薬代がかかることになります。
このため、経済的な負担が大きくなってしまうこともあります。
AGAに悩む人の中には経済的な負担を軽減するために個人輸入を利用して、海外版のプロペシアやジェネリックを購入している人も多く見られます。
海外版は日本で購入する半額ほどで購入することができますし、ジェネリックならば8分の1や10分の1といった格安の価格で購入することも可能です。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る