ハゲの種類と原因

ハゲの種類 近頃は早めの対処をすることで、ハゲを防ぐことが出来るようになり、多くの男性にとって嬉しい話しです。
男性はAGA(Androgenetic Alopecia)と言われる、男性特有の脱毛症があります。
このAGAの症状は、成人男性に多く見られる抜け毛のことで、頭のテッペンと言われるところの髪が薄くなったり、額の生え際が上がって来るものです。
ですから突発性の脱毛と違い、よく言われる10円ハゲとも違い、一度薄くなると元に戻らない症状です。
この症状がひどくなる理由のひとつとして、年齢と共に変ってくる男性ホルモンの影響が大きいと言われます。
また遺伝子も関係していると言われ、家族の方に髪が薄い人がいたのならば、遺伝を引き継ぐ可能性もあります。
また抜け毛の原因としては、この他にも生活習慣の悪さも挙げられます。
就寝時間が不規則になったり、社会的な環境の変化から来るストレスなども、関係していると言われます。
そんな時、自分の髪が薄くなってきたと感じた時は、早めの対処をすることで、抜け毛を防ぐことが可能です。

プロペシアの開発経過

治療後の改善度 その抜け毛を守るのが、プロペシアです。
これは、塗り薬ではありません。
抜け毛を防止すると聞くと、塗り薬を想像する人が多いですが、これは飲み薬です。
この薬の開発歴史には、ちょっと変った流れがあります。
元々は、プロペシアの成分に使われている「フィナステリド」は、前立腺肥大や前立腺がんのための薬として1991年に開発されました。
しかしこの薬の臨床実験で、薄毛が治ったとか、抜け毛が減ったなどの症状が見られたのです。
そのことから、改めてAGA用の内服薬として開発されるに至りました。
この薬を毎日服用することで、3〜6ヶ月程度で髪に変化が出て来ると言われます。
更に半年から1年をかけて、効果が見られるようになりますが、服用を止めてしまうと効果もなくなってしまいます。
このプロペシアを服用していても、現状維持が精一杯です。
この時、プロペシアと同時にすると良いとされるものに、ミノキシジルがあります。
ミノキシジルとの併用が一般的な欧米では、その相乗効果が確認されています。
このプロペシアの購入には、病院へ行き、採血とか問診の結果、処方箋を書いてもらい、調剤薬局などで薬を手に入れる方法か、個人輸入代行からの購入になります。
自分の身体のことですから、始めは病院へ行き、その後は個人輸入代行を使っても良いかもしれません。
そこには、正規品100%を保証しているサイトで購入する事が大切です。

プロペシア単独よりもミノキシジル併用の方が中等度以上の改善の比率が高いのがわかります。つまりミノキシジル併用の方が早く髪の毛が増えるということになります。
プロペシアの通販はコチラ ミノキシジルの通販はコチラ
TOPに戻る