原因物質「ジヒドロテストステロン」

男性ホルモンの変換 男性にとって、髪の毛の悩みは非常に重要な問題です。
薄毛は見た目にも情けないだけでなく、精神的にも自信を持てなくなったり人目を気にして臆病になったり、さまざまな弊害をもたらします。
そんな薄毛で悩む男性に注目されているのが、プロペシアという男性型脱毛症用薬です。
プロぺシアとは、アメリカで開発され、世界60カ国以上で使用されている内服タイプの医薬品です。
脱毛症の治療薬としては初めて、医師によって処方される薬で1日に1回服用します。
2001年から日本でも臨床試験が始まり、2005年に厚生労働省の承認がおりて発売開始されました。
0.2mg錠と1.0mg錠の2種類があり、有効成分はフィナステリドです。
男性型脱毛症の主な原因物質はジヒドロテストステロンとよばれるもので、脱毛している部分にこの物質が多く存在します。
これが男性ホルモン受容体と結合すると、髪の毛の成長がストップしてしまうのです。
これにより、髪の毛が成長しきれないまま抜けてしまったり、残ったとしても細く痩せてしまうので、薄毛となってしまうのです。
プロペシアの有効成分フィナステリドは、この物質の生産を抑え込む効果があります。
これにより、髪の毛が本来の成長を取り戻して薄毛の改善効果が現れるのです。

プロペシアで改善率88%

ハゲの改善 日本での臨床試験では、プロペシア1mgを1年間服用すると68%、2年間で78%、3年間で88%の薄毛改善効果があったと報告されています。
また、現状維持している患者の割合も合算すると、実に98%もの人が効果を実感しているとされています。
気になる副作用についてですが、服用した人のごく一部に性欲減退や勃起障害の症状が出ることがあります。
とはいえ、どちらも症状が出た人は全体の約1%にすぎず、症状も極めて軽いことがほとんどなので、心配する必要はありません。
これらは副作用というより、薬を飲んだらEDになるのでは、といった誤った思い込みによって引き起こされた症状であるとの調査結果もあります。
ですので、実際この薬の副作用はほぼ無いといっても過言ではありません。
このように、高い効果が得られ、しかも副作用の心配がない点で、プロペシアは好評を博しています。
この薬は、一般的には医療機関を受診して、医師の処方のもとで服用することが望ましいとされています。
しかし、病院へ行く時間の無い人や、どうしても相談するのが恥ずかしいと思う人などは、インターネットの医薬品通販サイトを通じて購入することもできます。
また、その場合はより低価格なジェネリックもあるので、見てみると良いでしょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る