ポラリスシリーズとは

ポラリスはミノキシジルを専門的に研究し、発毛に特化している製品の製造販売をしているアメリカの上場企業ポラリス社が開発・販売している製品です。
ポラリス社は、AGA関連の研究する機関として2009年に創立され、独自の技術や医学技術を持つ優れた研究施設を保有している企業です。
アメリカでは医療業界以外にも多くのヘアサロンなどと提携し、商品展開を行うのと同時に現場の声を聞き、商品の開発や改善に役立てています。

ポラリス社が開発しているポラリスシリーズは、独自調合で生成したミノキシジルが5パーセント以上含まれている製品が多く、抜け毛や薄毛の症状に悩むAGAの治療に高い効果を望める大人気シリーズです。

ポラリスの特徴

ポラリスシリーズは5種類あり、種類別に特徴を説明していきたいと思います。

・NR-07
りんごポリフェノールや、アデノシンなどの育毛有効成分に加えてミノキシジルが5パーセント配合されている製品で、初めて使用する方へお勧めな製品となっています。

・NR-8
銅ペプチド、プロシアニジンB2やりんごポリフェノールなどの育毛成分とミノキシジルが7パーセント配合されている製品となっています。

・NR-9
NR-07やNR-8に比べて非常に高濃度なミノキシジルが配合されており、15パーセントも含まれています。
他にはプロシアニジンB2やサイモンB4-ポリペプチド成長因子など、成長を止めてしまっている休止期の毛根に作用してくれる成分が含まれている製品です。

・NR-10
こちらはミノキシジルが16パーセントとなり5種類のシリーズの中でミノキシジルの濃度が最も高濃度に配合されている製品で、他にはフィナステリドも配合されているので、使用の際は注意が必要です。

・NR-11
ミノキシジルの有効成分が12パーセントと5種類の中では2番目に高濃度であり、フィナステリドも配合されています。
また他の製品に比べて、べた付きが抑えられ、痒みなどの症状が出にくいのが特徴となっています。
5種類の製品は育毛剤とはいえ、医薬品になるので最後に紹介した2つのNR-10とNR-11を使用する場合には注意しながら使用するようにしてください。

有効成分ミノキシジルとフィナステリド

・ミノキシジル
ミノキシジルはもともと血管拡張剤として開発された成分であり、後になってから発毛効果があるとわかり、転用され育毛剤の有効成分として使用されるようになった成分です。
ポラリスシリーズは頭皮からは直接吸収されにくいミノキシジル成分を独自の技術で人間の細胞に近い状態に変えたことで頭皮の奥まで有効成分を浸透させることができるようになりました。
また頭頂部がO型に薄くなってしまっている人以外にも額の生え際から抜け毛や薄毛が目立っている人にも有効になり、頭皮のあらゆる部分の抜け毛や薄毛に対して効果的な治療を行え、高い効果を発揮してくれます。

・フィナステリド
フィナステリドは先ほど紹介したNR-10とNR-11の製品に配合されている成分ですが、男性ホルモンの働きを抑制、阻害してくれる成分となっています。
もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療の使われていた成分でしたがAGAに有効とわかり、AGAの有効成分として使用されるようになりました。
フィナステリドはAGAの原因の1つと考えられているジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑える効果がある成分となっています。
どちらの成分も強い作用を持ち、AGAに非常に効果的ですが、特にNR-10やNR-11の取り扱いには成分の配合量も多く副作用が発現することもあるので十分に注意してください。

使用にあたっての注意や副作用

基本的には成分量が変わっても副作用の発現率は変わらないとされています。
頭皮のかぶれや痒み、発汗などをする場合があります。
頭皮自体を痛めてしまう傾向はありますが、炎症を起こしてしまったり、頭皮に熱を持ってしまったりする症状が出た場合には使用を中止するようにしてください。
また使用上の注意として配合濃度が高くなるにつれて使用した時にべたつきやすくなります。
ミノキシジルの配合濃度が10パーセントを超えているNR-9、NR-10、NR-11はジェルなどの整髪料を使った時のように髪が固まったような状態になりやすくなります。
乾くまで外出を控えたり、眠るようにした方がパートナーにも迷惑をかけずに済みます。
ポラリスは独特な匂いがし、これを「ポラリススメル」と言います。
様々な栄養素が含まれているので、その影響で匂いが強くなっていると考えられています。
使用してから乾くまでは匂いがするので、使用してからきちんと乾くまでは行動することはしないようにする習慣を付けた方がいいです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る