生活習慣も見直し(睡眠の重要性)

生活習慣 プロペシアは非常に育毛効果に優れていて、1年以上続けて使い続けることで70%、2年以上の使用で80%の人に発毛効果が見られます。
しかし、より大きな発毛効果を実感するためにはプロペシアに頼るだけではいけません。
プロペシアはAGAの原因となる男性ホルモンの働きを抑えることで発毛を実現します。
これは、先天的な要因ということになります。
しかし、実際にAGAで悩んでいる人の多くは生活習慣にも多くの問題を抱えています。
つまり、後天的な要因も併せ持っていることになります。
ですから、AGAの治療効果を大きくするためにはプロペシアで先天的な要因に対処しながら、同時に生活習慣を見直すことで後天的な要因にも対処する必要があります。
生活習慣で気をつけるポイントの一つが睡眠です。
髪の毛が一番成長するのは寝ている間です。
なぜなら、睡眠中に成長ホルモンがもっとも活発に分泌されるからです。
成長ホルモンにはゴールデンタイムというものが存在します。
それが夜の10時から2時にかけての時間帯です。
この時間に睡眠を取っていると成長ホルモンが大量に分泌されるため、髪の毛の成長が早まります。
睡眠を十分に取ることはストレスも減らしてくれます。
ストレスは髪の毛にとって大敵です。
ストレスが溜まって精神的に落ち込むと、肉体的な機能も落ち込みます。

血流を良くする!!

髪の毛は毛母細胞が分裂することで作られますが、その活動が悪化してしまえば髪の毛の生産性も悪化してしまいます。
ストレスは血行も悪化させます。
ストレスが溜まって精神的に落ち着きがなくなると、交感神経が優位になり血管が収縮するからです。
血行が悪くなると頭皮に運ばれる酸素や栄養が減少して髪の毛の生育に悪影響を及ぼします。
ですから、睡眠を十分にとってストレスを解消することはとても大切なことなのです。
血流を良くする 食生活では脂肪や糖分の過剰な摂取は控えるべきです。
糖質を摂取し過ぎると血管内に中性脂肪が溜まり、動脈硬化の原因となります。
動脈硬化になってしまうと血管が狭窄して血行が悪くなるので毛髪にはマイナスです。
また、脂質の取り過ぎは皮脂の過剰分泌をもたらし、頭皮環境を悪化させます。
喫煙の習慣がある人は、良い機会ですから止めてしまいましょう。
タバコを吸うことで髪の毛に良いことは一つもありません。
タバコに含まれるニコチンは神経を興奮させて血管を収縮する作用があり、血流を悪化させます。
また、一酸化炭素も動脈硬化を促進することが分かっています。
血流を良くするために運動を積極的に取り入れるようにしましょう。
特に有酸素運動は身体への負担がそれほど大きくないので、普段運動不足の人でも手軽に生活に取り入れることができます。
また、運動はストレスの解消にもなるので、プロペシアの効果をより大きなものにします。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る