プロペシアの注意事項

育毛の効果 プロペシアはAGA治療薬として非常に人気のある薬です。
日本はもちろん、世界各国で承認を受けており、確実に効果が期待できる育毛剤だからです。
プロペシアの有効成分はフィナステリドです。
このフィナステリドはAGAの原因となる男性ホルモンGHTを生成する酵素5αリダクターゼの活性を阻害する作用を持っているので、男性ホルモンを原因とする抜け毛・薄毛に効果があります。
ただし、プロペシアの服用についてはいくつか注意すべき点があります。
まず、上記のようにフィナステリドは男性ホルモンを抑制することで薄毛・抜け毛を治療するので、それ以外を原因とする脱毛には効果がありません。
円形脱毛症やびまん性脱毛症、抗がん剤の副作用による脱毛などに対しては効果は期待できません。
服用については容量・用法を守りましょう。
プロペシアを飲んですぐに効果を実感できるのではなく、育毛には時間がかかるものです。
せっかちな人は1ヶ月、2ヶ月飲み続けて効果がないと止めてしまいますが、髪の毛にはサイクルというものがあり、新しい髪の毛が生えるためには最低6ヶ月必要になります。
効果を確認するのはそれからにしましょう。

献血は禁止

注意 プロペシアを服用している人が献血をするのも良くありません。
献血した血液が妊婦さんや小さな子供に輸血されてしまうと、フィナステリドの影響を受けてしまうからです。
献血をする際には、少なくとも服用をやめて1ヶ月以上経過してからにするべきです。
もしも服用中に前立腺の検査を受けるのならば、医師にそのことを必ず伝えましょう。
フィナステリドは元々前立腺肥大症の治療薬として開発されていた経緯があるので、たとえ育毛目的での服用でも前立腺の数値を若干改善する効果があり、検査で重大な病気を見逃してしまう危険性があります。
プロペシアの通販はコチラ
TOPに戻る