女性や子供は接触注意(妊婦は危険?)

要注意 プロペシアを女性が服用することは避けるべきです。
特に妊娠されている女性、また、これから妊娠する予定のある女性が服用することは絶対に避けるべきです。
というのも、フィナステリドの服用によって胎児に悪影響が出ることがあるからです。
既に説明したように、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを阻害することで、間接的に男性ホルモンGHTの生成を抑えます。
このGHTはAGAの原因物質ですから髪の毛のことだけを考えれば邪魔な存在ということになります。
しかし、本来の男性ホルモンの働きである、男性らしさの形成のためには欠かすことのできない物質です。
妊娠している女性がフィナステリドを服用してしまうと、ただでさえ少ない男性ホルモンが更に少なくなってしまい、胎児が男だった場合には男性器が正常に発達しなくなってしまう可能性があります。
フィナステリドは服用だけでなく、実は女性が薬に触ることも避けるべきです。
というのも、フィナステリドは肌からも吸収されることがあるからです。
プロペシア自体は表面がコーティングされているので触るだけなら問題ないことがほとんどですが、海外から個人輸入を利用して購入している人の中には薬を半分に割って服用している人もいます。
そのような場合には砕かれた薬からフィナステリドの成分がこぼれ落ちていしまったりして、女性が触ってしまうことがあります。
このようなことがないように、取り扱いには細心の注意が必要になります。
同じ理由で、小さな子供もフィナステリドの服用はもちろん、薬への接触も避けるべきです。
まだ成長期にある子どもがフィナステリドに触れてしまうと生殖器官の発達に障害が出るおそれがあるからです。
もしも、女性や子どもがフィナステリドを服用したり、直接触れてしまったりした時には、速やかに医師に相談するようにしましょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る