ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジルタブレット ミノキシジルタブレットとは、その名の通りミノキシジルを主成分とした錠剤です。
これまでのミノキシジルはロゲインのような直接頭皮に塗り込むタイプの外用剤であり、塗り込むのが面倒な上に自然に乾燥させなければならないため、時間のかかる作業でした。

そこで登場したのがこの内服薬のミノキシジルタブレットです。
上述の通り錠剤を1日1回〜2回服用するだけですので、今までのような手間のかかる作業は一切ありません。
また、頭皮に塗る必要がないため、必然的に「塗りムラ」のようなこともなくなります。

まずは外用薬のミノキシジルと内服薬のミノキシジルタブレットとでどこが違うのか、簡単にご説明しましょう。

■外用薬(ロゲイン、ツゲイン、リアップ等)
 ・直接頭皮に塗る手間がある
 ・他人の目が気になる
 ・塗りムラの可能性あり
 ・外からの作用のため、やや効果が弱い
 ・塗った場所にのみ効果あり

■内服薬(ミノキシジルタブレット)
 ・1日1〜2回服用するだけ
 ・他人の目が気にならない
 ・塗りムラの可能性なし
 ・体内から作用するため、効果が強い
 ・全身の体毛に作用する可能性あり

塗るタイプのミノキシジルと異なる点は、上述の通り「使い方」「効果の強さ」「効果の範囲」「副作用の有無」です。
これらの内、ミノキシジルタブレットを利用することのメリットは「使い方が簡単であること」「効果が強いこと」「万遍なく効くこと」です。
どれも飲むタイプであることがメリットに繋がっていることが分かります。
毎日頭皮に塗って乾かす作業を行うよりも、服用するだけの方が簡単なのは明白ですし、他人の目を気にする必要もありません。
また内服薬であることから、血液循環とともに全体に効果が行き渡ることから、頭皮全体に強い効果が見込むことができるのです。

一方でミノキシジルタブレットのデメリットは「副作用がやや強めであること」と「全身の体毛に作用する可能性」があげられます。
ロゲインやツゲイン、リアップ等の塗るタイプの場合は、脱毛を防ぎたい場所・育毛したい場所に直接塗ることため、頭皮以外に影響が出ることはありませんが、ミノキシジルタブレットの場合は、上述の通り血液循環により効果も巡ることで他の場所にも影響が出る可能性があるのです。
利用するのが男性であることを考えれば体毛が濃くなるということは大きな問題ではなく、男らしいという点でむしろプラスに作用することもありますが、体毛を気にされている方は従来のロゲインやツゲインを利用した方がよいでしょう。
また、内服薬であることから外用薬よりも効果が出やすい反面、副作用もやや強めであるという点で注意が必要です。

ロゲイン・ツゲイン等の外用薬とミノキシジルタブレットのメリット・デメリットをよくお考えの上、ご自身にあった方を利用するようにしましょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る