ミノキシジルタブレットの高い効果

ミノキシジルタブレットの高い効果 ミノキシジルタブレットとは、その名の通りミノキシジルを主成分とした錠剤です。ミノキシジル製剤の形状はロゲインのような直接頭皮に塗り込むタイプの外用剤というイメージが強いと思いますが、実は開発された当初は錠剤だったのです。しかし「効果が高すぎるが故、副作用が出やすい」ということも判明し現在のように外用薬が主流となりました。

しかしミノキシジルタブレットの持つ高い効果が見直され、AGAで薄毛になってしまった方の切り札として注目されるようになったのです。また使い方が簡単なのも受けているのでしょう!なにせ飲むだけですから。1日1回〜2回服用(上限は10mg)するだけですので、ロゲインなどの外用薬のように塗り込んでしかも自然乾燥させる時間のかかる作業が必要なくなります。

また体の中からミノキシジルが効果を発揮するため、外用薬のように「塗りムラ」は無いのでより発毛促進が可能となります。それでは改めてロゲインなどの外用薬と、ミノキシジルタブレットの違いを見てみましょう。

  • ■外用薬(ロゲイン、ツゲイン、リアップ等)
  •  
  • ・直接頭皮に塗る手間がある
  •  
  • ・他人の目が気になる
  •  
  • ・塗りムラの可能性あり
  •  
  • ・外からの作用のため、やや効果が弱い
  •  
  • ・塗った場所にのみ効果あり
  • ■内服薬(ミノキシジルタブレット)
  •  
  • ・1日1〜2回服用するだけ
  •  
  • ・他人の目が気にならない
  •  
  • ・塗りムラの可能性なし
  •  
  • ・体内から作用するため、効果が強い
  •  
  • ・全身の体毛に作用する可能性あり
塗るタイプのミノキシジルと異なる点は、上述の通り「使い方」「効果の強さ」「効果の範囲」「副作用の有無」です。これらの内、ミノキシジルタブレットを利用することのメリットは「使い方が簡単であること」「効果が強いこと」「万遍なく効くこと」です。どれも飲むタイプであることがメリットに繋がっていることが分かります。

毎日頭皮に塗って乾かす作業を行うよりも、服用するだけの方が簡単なのは明白ですし、他人の目を気にする必要がありません。また内服薬であることから、血液循環とともに全体に効果が行き渡り、頭皮全体に強い効果を見込むことができるのです。外用薬のように一連の流れを短縮させたい場合、ミノキシジルタブレットを使用される事がおすすめです。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用 一方でミノキシジルタブレットのデメリットは「副作用がやや強め」であること。特に「全身の体毛に作用する」多毛症が最も多く報告されています。多毛症とは頭皮だけではなく全身の至るところの体毛が増えてしまう事です。腕、脇、胸、へそ、脚など全身に至ります。手足の指の毛までも濃くなる事もあるようです。

ミノキシジルタブレットの場合、先述の通り血液の循環によって直接成分が取り込まれるので、あらゆる部分に効果を発揮します。それが多毛症という形で現れるのです。その点外用薬は頭皮に塗るため局所的な効果しか現れません。頭皮のみに吸収され、なおかつ穏やかという事もあるのでその影響もあるのでしょう。

AGA治療の最中であればそこまで気にされない方が多いとは思いますが、中には「毛が増えるのは嫌だ」という方もいらっしゃるでしょう。その場合はミノキシジルタブレットよりも外用薬を使われた方が断然良いです。かなり高い確率で多毛症は起きてしまいます。2つのメリット、デメリットを比較し選択するのはとても重要です。

副作用が多毛症だけであれば問題はそこまで深く考える必要はありませんが、その他にもいくつか挙げられていますので気を付けなければなりません。まず低血圧の方については極度に血圧が下がる事があります。体のだるさ、冷え、めまい、吐き気などが起きてしまうでしょう。ミノキシジルによる血管拡張作用によるものです。この場合もミノキシジルタブレットより外用薬を使われた方が良いかもしれません。

むくみが起きる報告も多いようです。特に顔が目立つようなので、気になる方はちょっと嫌ですよね。むくみとはうまく水分が排出出来ない事で起きる現象なのですが、これも血圧が下がることが関係しているのだとか。もしむくみが起きてしまった場合はマッサージをしたり利尿剤を使うことをおすすめ致します。特に利尿剤との併用は動悸や胸の苦しさを予防する事にも繋がるとのデータがあります。

色々な意味でミノキシジルタブレットは強い薬です。使い方を間違えると深刻な状況を招く恐れもありますので、その点はしっかりと把握していきましょう。結果を早く出したいからと言って1日の上限である10mgをいきなり摂取するのは危険とも言われているので、まずは5mgの半分2.5mgからスタートしてみて下さい(1日の摂取量)。それが副作用のリスクを減らす良い方法です。また1日、2日服用の間隔を空けるのも有効だと思います。

ミノキシジルタブレットの購入

ミノキシジルタブレットの購入 ミノキシジルタブレットの効果、副作用、少しのみですがリスクを抑える使い方についてお知らせしてきました。もし使う上で薄毛の改善ではなく副作用によって支障をきたしてしまったら話になりません。そういうことも起きる、という事もしっかりとお伝えしなければと思い、デメリットについてもお伝えしました。もし不安であったり実際副作用が起きてしまった場合は外用薬をお使い下さい。頭皮以外に影響が出ることはありません。

それではここから本題に入ります。ミノキシジルタブレットは一体どこで手に入るのか?についてご説明していきましょう。薬局ではもちろん医療機関でも処方されていない(置いていない?)ところが多いかと思うのですがそれには理由があります。厚生労働省より承認されていないためです。育毛剤としてでもそうですし、高血圧治療薬としてもです。そのため海外から個人輸入をしなければなりません。

個人輸入というとちょっと面倒なイメージがあると思いますが、今では一般的なショッピングサイトのような通販サイトを利用する事でも出来ます。商品は海外で購入出来る薬で、国内では処方箋医薬品という扱いのものも多数揃っています。その中の1つにミノキシジルタブレットがあり、AGA治療を行う方々にとっては当たり前のように使われているのです。

ミノキシジルは通販で購入

AGA専門のクリニックに行かれた事がある方ならお分かりかもしれませんが、クリニック独自の商品があったりしますよね?実はそのオリジナル商品、個人輸入したミノキシジルタブレットなんです。オリジナルと銘打っていますが実態はこういう物が販売している事がほとんどなのだとか。考えてみれば国内で承認されていませんので当然ですよね?しかもその販売価格はかなり高いみたいです。

ならば自身で通販を利用しミノキシジルタブレットを購入した方が断然お得です。いくつかの製薬メーカーから販売されていますが最も人気のある「ノキシジル」は5mg100錠入りで5000円もしません。3600円で購入が出来ます。10mg100錠の場合は4000円。これをピルカッターでカットすればかなり節約が可能です。錠数の多い方を選べばさらに1錠あたりの単価が下がるので1箱の価格も下がるので、続けられる場合は多い方を選びましょう。

ちなみに販売しているメーカーはタイに本社を置くT.O.MED。美容アイテムを数多く販売しており世界的にも有名な企業になります。その他スマート(インド)、インタスファーマ(インド)、ロイドラボラトリーズ(フィリピン)などジェネリックで有名な各国の企業がミノキシジルタブレットを販売しており、効果や価格差などもそれほどありません(インタスファーマの製品は少し高め)。いずれの製品も続けることで発毛が確認でき、プロペシアやザガーロとの併用で抜け毛予防が強化されるので、より薄毛の改善に期待が見込めます。どちらも通販で購入する事が可能なですから、到着次第すぐに併用が可能です。ぜひ試してみましょう!

プロペシアの通販
プロペシアの効果

ザガーロで通販
ザガーロの価格
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る