薄毛の改善に向けて

プロペシア通販ガイドで薄毛改善 当サイト、プロペシア通販ガイドにアクセスいただきましてありがとうございます。
男女問わず深刻な悩みになっているのが髪の毛の問題、いわゆる薄毛です。
今も昔も、ハゲ・若はげなどと揶揄される対象となっているこの症状は、生え際が後退し額が広がる、後頭部の頭皮が露呈してしまうなど、人によって特徴があり頭髪が少なくなることで見た目のみならず精神的にもダメージを受ける非常に厄介な問題となっています。
男性においては男性型脱毛症(AGA)という名称にもなっており、もはや立派な病気といえるでしょう。
女性でも分け目が広くなり地肌が見えやすくなるなど、女性特有の薄毛にお悩みの方も多くいらっしゃいます。
しかし、病気であるからには治療方法があります。
かつては「はげてきたら終わり」「ハゲは運命」とまで言われていた歴史もありますが、現在では薬の発達により薄毛は十分に改善できるものとなっています。
頭髪の後退を防ぎながら、毛髪本来が持つ、髪の毛が生え、伸びて太くなり、そして抜け落ちるという正常なヘアサイクルを取り戻し、抜け毛・薄毛の状態から回復させることができるようになりました。
そのために必要になってくるのは、正しい薬の知識なのです。

代表的な薄毛治療薬と発毛・育毛剤

紀元前の時代から人類は薄毛と闘ってきました。
育毛の歴史は紀元前1500年頃のエジプトの医学書にも記されており、ピラミッドに埋葬されるミイラからはウィッグ(かつら)さえも出土されています。
我が国では江戸時代に毛生え薬が流行しましたが、それは科学的な根拠のないものでした。
そして現代において、ようやく薄毛治療に対して決定的ともいえる薬が発見されるのです。
それがみなさんも1度は耳にしたことがあるであろうミノキシジルです。
もともとは血管を拡張して血の巡りを良くする作用があることから高血圧の治療用にアメリカで開発された薬に配合されていましたが、そこに発毛を促進するという、思わぬ副作用があったのです。
これまで薄毛に対する薬というと、養毛剤やヘアトニックといった、あくまで髪の毛のケアの観点からアプローチしたものでした。
しかし、このミノキシジルには発毛の効果がしっかりと存在したのです。
ミノキシジルの発毛効果 この効果をより頭髪にむけて改良したのが、1980年に発売された「ロゲイン」です。
日本でも有効成分ミノキシジルを配合した薬が「リアップ」と名付けられ発売されましたが、それは1990年代になってからのことでした。世界では常識的に使われている薬も、日本で発売されるには無駄とも呼べる時間がかかる、日本の新薬審査の長さを思わせるエピソードであります。
こうして、世界中で多大な売上を記録したロゲインですが、使用に際してひとつ欠点がありました。
それは、よくある育毛スプレーと同様に、頭皮に直接しみこませるタイプの薬であるというところです。
前述したように、薄毛は精神的な負担にもなり、人目も気になるようになります。治療においても、気づかれずに服用したい、体内により効果的に浸透させたいという需要から、錠剤の登場が待たれていました。
このような問題点のクリアと使用者の需要に応えるべく開発されたのが「ミノキシジルタブレット」通称ミノタブと呼ばれる錠剤であり、今では個人輸入代行サイトを介して入手する方も増えています。
ミノキシジルタブレット そして、薄毛治療薬、発毛剤はさらに進化を続けます。
続いて登場したのが、前立腺肥大症や前立腺がんの患者に対して処方される薬の副作用として薄毛治療効果が認められた「プロペシア」です。
プロペシアの有効成分フィナステリドには、AGAの原因とされる男性ホルモンから生まれる物質ジヒドロテストステロン(DHT)が発生させる毛が抜ける酵素の働きを食い止める効果があるのです。
プロペシア 更に、フィナステリドよりも強力な効果があるとされるデュタステリドの認可が我が国でも2015年におり「ザガーロ」という名前で日本市場に登場しました。
今や薄毛治療薬と発毛・育毛剤は身近な存在となっているのです。

正しい知識が導く発毛

薄毛治療の正しい知識 薄毛を改善し発毛を促す薬は、ただ単純に飲めば毛が生える、というものではありません。
本来は正しい循環として存在する毛髪の生え代わりの周期が乱れることで毛が抜けるわけですから、その乱れを治すことで本来人間が持っている毛髪のたくましさを取り戻すことができるのです。
「とにかく飲めばOK」というものではなく薬の知識を正しく得ることで効果的な使用法やご自身に合った対策の術がわかるようになります。
当サイトでご紹介しているのはプロペシアをはじめとする海外でも使われている薬と通販についてです。
海外の薬を使うということで抵抗感がある方も多いかと思います。
しかし、上述したリアップ然り、日本での新薬の認可事情を知ることで、なんでもないものにも時間がかかってしまうというシステム上の問題に気づき、海外で日常的に使われている医薬品への抵抗感を減らすことが出来ます。
そして重要なのがジェネリック医薬品(後発医薬品)への知識です。
日本でも調剤薬局でジェネリックの選択ができるようになりました。
新薬の開発と認可にかけたコストを回収するために高額な価格設定がなされている各種先発医薬品。その特許が切れたあとに同じ成分配合率、同じ作り方で製造されたものがジェネリック医薬品です。
もちろんジェネリック医薬品を作るためにも国の厳しい基準と検査がありますので、安全に使用することができます。
当サイトではこうしたAGA治療に関する知識と、男性、女性に関わらず向き合ってゆく薄毛の仕組みについても解説しています。
コンテンツをご覧になりながら知識を深めていただき、薄毛・抜け毛のお悩み解消に役立てていただけますと幸いです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る