オススメ育毛剤

処方 飲むタイプの薬で男性型脱毛症(AGA)の治療に効果があると認められている成分にフィナステリドがあります。
はじめは前立腺肥大症の治療薬として開発が行われていたのですが、臨床試験を進めるうちに発毛効果が認められるようになり、その後は育毛剤として開発が進められて、プロペシアという商品名で販売されました。
フィナステリドの育毛効果は非常に高く、1年間服用を続けた患者の実に6割に改善が見られるという調査結果もあります。
しかし、一つ問題となるのが値段です。
フィナステリドを有効成分とする育毛剤の中で日本国内で購入できるのはプロペシアのみとなっていますが、プロペシアを購入するためには医師の診察を受けて処方箋を出してもらう必要があります。
また、購入に際しては保険の適用外となりますから、購入には全額を自己負担する必要があります。
育毛剤は効果が出るまでに半年や1年、場合によってはそれ以上の長い月日が必要となりますから、これでは経済的な負担が大きくなってしまいます。

個人輸入で賢く購入!!

通販 できるだけ経済的な負担を減らすために有効なのが個人輸入の活用です。
フィナステリドを成分とする育毛剤は日本国内ではプロペシアだけしか購入できないと言いましたが、海外にはプロペシア以外のクスリもたくさん販売されています。
その一つがプロスカーです。
この薬はプロペシアと同じメルク社が販売するもので、商品分類上は前立腺肥大症の治療薬ということになっていますが、もちろん、ED治療薬としても使うことができます。
プロペシアとの最大の違いは有効成分フィナステリドの含有量で、プロペシアと比べると5倍の5mgが配合されています。
これは、前立腺肥大症の治療には育毛剤よりも大量のフィナステリドが必要になるからです。
プロスカーを育毛剤として使う場合には1錠を4つほどに分割して服用することになります。
1錠あたりの値段は両者でそれほど違いがないので、プロペシアから変更することで、1ヶ月あたりのコストを3分の1から4分の1に抑えることが可能です。
プロペシアのジェネリックとしてはインドの製薬会社が製造しているフィンペシアが有名です。
通常、ジェネリックは新薬の特許が切れてから登場しますが、以前のインドでは医薬品に対して特許が存在しなかったため、特許が切れる前から同じ成分と同じ製造方法で薬を作ることができるのです。
ですから、正式なジェネリックとは言えないかもしれませんが、事実上のジェネリックとしてプロペシアと同じ効果を持つということになります。
もちろん、フィナステリドの含有量も同じ1mgになります。
この薬の魅力はなんといっても価格の安さです。
日本国内でプロペシアを購入するのと比べると8分の1から10分の1と言った価格で購入することができます。
しかも、プロペシアを国内で購入する場合には医師の診察料も必要となるので、それを考えるとプロペシア1ヶ月分のお金でフィンペシアを1年分購入できてしまいます。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る