プロペシアの飲み方

処方 プロペシアは発毛効果に優れたAGA治療薬ですが、効果をより大きなものとし、また無用な副作用を避けるために、正しい服用方法を心がける必要があります。
まず、はじめて使用する場合には、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。
最近は個人輸入を利用することで処方箋なしに購入することができますし、安いジェネリックを購入することもできます。
これは経済面からすれば非常にありがたいのですが、健康面からすると問題があります。
最初だけは医師の診察を受けるようにし、そこで使用に問題無いと判断されれば、次からは個人輸入を利用するというのが良いでしょう。
容量・用法をしっかりと守るのも大切です。
これは当たり前のことですが、意外に守れていない人が多いのが実情です。
プロペシアは一回に服用する量を増やしたからといって、効果がその分強く出るというわけではありませんし、効果の出方が早まるというわけでもありません。
昨日飲むのを忘れてしまったから今日その分を合わせて飲むということもやめましょう。
プロペシアの代用として海外からプロスカーを個人輸入しているという人もいるでしょう。
有効成分であるフィナステリドが5mg使用されています。
これはプロペシアの5倍であり、それを5分割して服用することで購入費用をかなり安く抑えることができます。
しかし、プロスカーを服用している人の中には、より大きな効果を期待して分割せずにそのまま服用している人もいます。
フィナステリドの上限量は症状や体格によって代わりますので、医師への確認が必要です。
服用する時間については特に決まりはありません。
服用する時間帯で効果に差が出るということもありません。
ただし、間隔を一定に保つことは重要です。

長期で服用する覚悟

1年続けたときの効果 フィナステリドの半減期は8時間程度となっているので、1日1回だからといって前日の就寝前に服用して、翌朝にも服用するというのでは間隔が短すぎます。
プロペシアは6ヶ月や1年といった長期間にわたって毎日飲み続けることで効果が発揮されます。
ですから、服用して1ヶ月や2ヶ月といった短い期間で効果を判断することはできません。
中には効果が実感できないからと直ぐに飲むのをやめてしまう人がいますが、最低でも半年、できれば1年は飲み続けるようにしましょう。
長期間飲み続けるということで、服用中に風邪を引いてしまうこともあるでしょう。
そのような時に風邪薬を服用したいと考えることもあると思いますが、基本的には風邪薬を飲んでも問題ありません。
ただし、薬というのは肝臓に蓄積されるので、一般にたくさんの薬を飲んでしまうと肝臓に負担がかかってしまうことがあります。
できれば数時間ほど時間をずらして風邪薬を服用するようにしましょう。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る