ジェネリックの医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは ジェネリック医薬品とは新薬の特許が切れて、開発した製薬会社以外の製薬会社が同じ成分や製法でつくった薬のことです。
新薬のことを先発医薬品といいます。
ではジェネリック医薬品はこれと同じではないのでしょうか?実は、後発医薬品と呼ばれています。
通常、新薬を開発した製薬会社には、その薬に使われている有効成分や製造方法について特許を取ることが認められます。
特許を取得すると、薬を販売できるのは開発メーカーだけになりますから、利益を独占することができます。
新薬の開発のためには長期間の研究と膨大な費用が費やされているため、一定の期間利益の独占を認めることで、研究開発費を回収する狙いがあるのです。
この新薬に関する特許は20年から25年ほど設定されるのが一般的です。
ただし、この年数は販売が開始されてからではなく、新薬の開発が始まった時点からとなります。
新薬の開発には最低でも10年から15年はかかりますから、多くの医薬品では新薬が発売されてから5年から10年でジェネリック医薬品が登場するということになります。
ジェネリック医薬品の最大の特徴は効果・効能が同一である新薬に比べて薬価が非常に安いということです。
ジェネリックの薬価は新薬の半値に近く、種類によっては6割・7割安いということもあります。
このように安く販売できる理由は、既に説明したように新薬の開発には膨大なコストがかかるのに対して、ジェネリックではそのようなコストが必要ないからです。
医薬品は人の生命に関わるものですから、効果・効能の度合いや副作用の有無など様々なデータを集める必要があります。
そして、効果や安全性が十分に確認されてから販売されますが、ジェネリックではこういった作業が必要ないため、コストを掛けることなく薬を販売することができるのです。

ジェネリック医薬品 ジェネリック医薬品で一つ気になることといえば、本当に新薬と効果が同じなのかということです。
この点も問題ありません。
安いからといって効果が弱いということはありません。
新薬と同じ有効成分を同じ分量使って製造されているのですから、当然とも言えます。
また、ジェネリックも厚生労働省の定めた試験を通過して基準を満たしていることが確認されてから販売されています。
もちろん、安全面でも基準を満たしていることが確認されています。
新薬とジェネリックでは薬を成形する時に使われるコーティング剤に別のものが使われていることもありますが、それ自体は効果・効能に影響しませんし、中には飲みやすくするために糖衣錠にするなどの工夫をしているジェネリックメーカーもあります。
ですから、ジェネリックが新薬に劣るということは決してないのです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る