オナニーするとハゲますか?

結論から言いますと、オナニーをしても決してハゲません。
むしろオナニーを我慢することで、ストレスが溜まりやすくなってハゲやすくなります。
全く心配する必要はないのです。
薄毛にはテストステロンという男性ホルモンの増加が関係していますが、オナニーをすることでこの男性ホルモンが増えるわけではありません。
毎日のケアをしっかりとして、頭皮を清潔に保つことの方が重要です。
ですので、安心してオナニーを続けてください。

ハゲは本当に遺伝しますか?

ハゲの遺伝 結論から言うと、遺伝します。
ただし、禿げる遺伝子というもの自体は存在してませんので、禿げやすい体質を受け継ぐといった方が正しいでしょう。
とはいえ、子供が親の体質をすべて受け継ぐわけではないので、そう考えれば禿げやすい体質が遺伝する確率は100%ではありません。
ちなみに、遺伝による薄毛の場合は男性脱毛症(AGA)が原因のハゲに限ります。
つまり禿げやすい体質=AGAが起きやすい体質ということになりますね。
AGAは男性ホルモンの5αーリダクターゼという酵素の働きが影響して薄毛になりますが、5αーリダクターゼの分泌量が多い遺伝子を受け継げば必然的にAGAによる薄毛になってもおかしくはないでしょう。
しかし同じ遺伝子を持って生まれても、その遺伝子が100%発動するわけではありません。
ホルモンの影響以外にハゲる原因とされている生活習慣やストレスなどに気を付けていれば、AGAを発症することなく終わる可能性も十分にあります。

プロペシアの効果がでる場所はどこ?

プロペシアの効果 プロペシアは主成分がフィナステリドです。
これは男性ホルモンの一種であるテストステロンが悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンに変化するのを抑制します。
ジヒドロテストステロンは毛根に作用しますので、薄毛や脱毛に悩まされやすくなりがちです。
ですから、プロペシアを使うことによって、毛髪に関する悩みから解消されるという効果を期待できます。
最低でも半年、長ければ数年という地道な服用の継続で、毛が薄くなったり抜けたりする状況が改善されて効果を実感できます。
プロペシアの通販はコチラ

プロペシアは髪の毛太くする効果はある?

男性の第二次成長を促す男性ホルモンの一種テストステロンが悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンになってしまうと、前立腺肥大症の恐れが出てくるだけではなく、毛根にも悪影響を与えます。
つまり、髪の毛が薄くなったり抜けたりといった症状が出てくるのです。
これらの悩みの元になる男性ホルモンの悪玉化を抑える働きをもつフィナステリドを主成分としているのがプロペシアです。
これを継続的に服用することによって、髪の毛にコシやハリがなくなって弱々しくなっている状態や伸びてくる前の産毛で抜けてしまう状態が、徐々に改善することが期待できます。
地道に続けることが必要なので、半年〜数年という長い目で服用の努力を続けることが大事です。
プロペシアを継続していくうちに悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンが減ってきますから、毛根も健康を回復していくことが期待できます。
それによって、髪の毛に元気が戻ってきますから、産毛の状態だった弱々しさもなくなり、また成長する以前の産毛で抜け落ちていたのも解消されるのです。
つまり、産毛からどんどん成長して健康的に伸びることが可能になります。
ですから、髪の毛が太くなります。
これらは全て、ジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモンを阻害したことによる毛髪が生き生きと成長できるようになった結果です。
プロペシアの通販はコチラ
TOPに戻る