プロペシアの効果を解説

OKサインを出す男性

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の治療薬であり、その効果については厚生労働省の認可を受けています。プロペシアの発毛効果は有効成分であるフィナステリドによるものです。元々は前立腺肥大症を改善するために使用されていた薬ですが、発毛効果があったとの報告が多数あり、再開発の末にAGA治療薬として販売されました。

AGAの原因物質はジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンです。このDHTはテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結び付いて変性したもので、毛母細胞の働きを弱めて髪の成長を妨げてしまいます。その治療をするためプロペシアを使う事で、フィナステリドが5α-リダクターゼの働きを阻害。テストステロンがDHTへと変性するのを抑制し、結果として抜け毛が減っていくのです。

AGAを発症すると自然に回復することはまずありません。とてもゆっくりとしていますが進行性のため放置をすると、気付いたときには既にその部分の髪は抜け落ち、ハゲていたという状況もよくあります。それを防ぐために早めの対策を立てなければなりません。つまりプロペシアを使い、抜け毛を防ぎ育毛をするという事です。

販売元のメルク社

メルク社

プロペシアを販売する製薬メーカーはメルク・アンド・カンパニー(メルク)。アメリカに本社を置くグローバル企業です。その本体はドイツの化学・医薬品メーカーのメルク社。17世紀から創業している由緒正しき企業です。その筋では知らない方はいないでしょう。ちなみにアメリカのメルク・アンド・カンパニーのみ同じくメルク社と呼ばれ、その他地域ではMSDという名称で知られており、日本法人もMSD株式会社です。本社は東京都千代田区にあります。

メルクで有名な製品はプロペシアの他に偏頭痛薬として知られるマクサルト、睡眠薬にベルソムラ、抗ヒスタミン剤のクラリチンなどです。日本でもおなじみの薬ではないでしょうか?ただやはり一番有名な薬はプロペシアだと思います。AGAの画期的な薬として一斉を風靡したわけですから当然といえば当然です。

有効成分フィナステリド

先程もお伝えしましたが有効成分フィナステリドは前立腺肥大症の治療のために開発された成分です。「プロスカー」という名称で海外では有名ですが、実は日本では承認されていないので知名度はあまり無いと思います。治療の際には別の薬を使っているようです。それから髪に良い効果があると分かり、海外では1997年に。日本では2005年にプロペシアとして承認されました。

プロスカーはフィナステリドを5mg含有しています。つまりこれを使ってもAGAの治療は出来るのです。ただ適応症状ではありませんので副作用が強く出てしまう可能性が高いです。海外医薬品の通販サイトでも販売されていますが、使用の際には十分気を付けなければなりません。その上手な使い方はピルカッターで4分割すること。するとうまい具合に用量を減らすことができ、しかも費用を抑える事が可能となります。

ただフィナステリドは妊婦に対しては劇薬ですので、コーティングが剥がれてしまったプロスカーは厳重に保管して下さい。胎児が男児である場合、成長に大きな影響を及ぼす可能性が指摘されているためです。そういう意味も含め、やはりプロペシアで確実な効果を得た方が安全といえるかもしれません。まだ独身の方であればこの方法は試す価値があるでしょう。

プロペシアの効果は薄毛改善率88%

驚く男性

プロペシアがなぜAGA治療にあたり第一選択となり得たのか?薄毛に悩む多くの方々からの口コミもそうですが、なにより臨床試験での結果からその効果の高さが確立されているからです。プロペシア1mgを1年間服用すると68%、2年間で78%、3年間で88%の薄毛改善効果があったと報告され、いかに高い結果であるかがお分かりいただけるでしょう。また、現状維持している患者の割合も合算すると、実に98%もの人が効果を実感しているとされています(画像はMSD株式会社が公開しているデータ)。

プロペシアの有効成分フィナステリドの作用機序は、5αリダクターゼの働きを阻害しDHTの生成を抑える事です。それによりヘアサイクルの乱れが徐々におさまっていき抜け毛や成長が止まる事を改善していきます。次第に発毛の準備が整うので弱っていた髪は抜けていきますが、それは新しい髪が増えていく布石のためしばらくは我慢が必要です。使用し始めてから1〜2ヶ月経つと起きるこの現象は「初期脱毛」と言われています。

初期脱毛とは?

しばらくは頭皮がよりスカスカの状態でいなければならない期間があります。プロペシアを使い始めた1〜2ヶ月間で、初期脱毛という副作用によるものです。とはいえこれは良い方向に考えてもいい現象なので、真っ先に自分に合わなかったのではないか?と思わないで下さい。なぜ初期脱毛が起きてしまうのかというと、DHTが乱していたヘアサイクルにより、休止期になってしまった髪が多くなったため。休止期とは成長が完全に止まり、あとは抜け落ちるのを待つだけの状態です。

しばらくは頭皮がよりスカスカの状態でいなければならない期間があります。プロペシアを使い始めた1〜2ヶ月間で、初期脱毛という副作用によるものです。とはいえこれは良い方向に考えてもいい現象なので、真っ先に自分に合わなかったのではないか?と思わないで下さい。なぜ初期脱毛が起きてしまうのかというと、DHTが乱していたヘアサイクルにより、休止期になってしまった髪が多くなったため。休止期とは成長が完全に止まり、あとは抜け落ちるのを待つだけの状態です。

ちなみにその量は普段の3倍程度増えるのだとか。そのため使い始めから1〜2ヶ月間は頭皮が今までよりスカスカになってしまうそうです。これに耐えられなくなりプロペシアを使うことをやめるのは早とちりなので、しっかりとその効果や起きることを知ってから使いましょう。医療機関であれば説明があると思うので問題はないかとは思います。また初期脱毛によりそこまで抜け毛が無いという方もいらっしゃるようです。大体2〜3週間で終わると言われていますが、それ以上の期間が経っても抜け毛の量が変わらないのであれば医療機関で相談をして下さい。

その他の副作用は?

初期脱毛以外に、どんな副作用が起きてしまうのか気になると思いますが、服用した人のごく一部に性欲減退やED(勃起障害)が起きてことがあります。とはいえ、どちらも症状が出た人は全体の約1%にすぎず、症状も極めて軽いことがほとんどなので、心配する必要はありません。

プロペシアによって発症する事もそうですが、それよりも「薬を飲んだらEDになるのでは?」といった誤った思い込みによって引き起こされた症状であるとの調査結果もあります。いわゆるプラシーボ効果ですね。またEDは精神的な原因によって起きる事も多いので、悩み過ぎは体に毒であるといえるでしょう。「自分は絶対にプロペシアで薄毛からおさらばする!」という前向きな気持ちで取り組んでいって下さい。

>>プロペシアの副作用<<

プロペシアの効果を得るためには継続が必要

指を指す男性

服用期間ですが、最低でも半年は飲み続けることが必要です。というのもヘアサイクルを元に戻すためにはこのくらいの期間を見なければならないため。先程もご説明をしましたがAGAを発症すると髪の成長期間が短くなってしまい、かなり早い日数で休止期に入ります。この休止期は3ヶ月から4ヶ月程度続くため、発毛は休止期が終わってからということになります。

ですから、飲み始めて1ヶ月や2ヶ月でプロペシアの効果が実感できないからといって服用を止めると、本当の効果を判断することができません。なので継続がとても大事なのです。「絶対に薄毛を改善する」という意志を貫かなければなりません。薄毛の改善は諦めたら負けなのです。

継続のためには費用の節約も大事

継続は最も重要であることがお分かりいただけたと思います。ただそのためには費用が気になるところ。プロペシアは当然ながらタダで使えるわけではありません。プロペシアを入手するためには医師の処方箋が必要になります。処方箋医薬品なのでドラッグストアなどで誰でも簡単に購入出来るというわけではないのです。また、購入には保険が適用されませんので、全額を自己負担で購入する必要があります

つまり、毎月医療機関へ行く度にプロペシアの料金と診察代など諸々の費用が必要になるのです。このため、経済的な負担が大きくなってしまうことは必然的。ただ費用を抑える事が出来ますのでご安心下さい。それは海外版のプロペシアを購入するという方法。

中でも海外医薬品の通販サイトを使えば個人輸入になるため、処方箋を持っていなくても海外版プロペシアを購入することが出来ます。医療機関で処方されるよりも半額ほどの値段ですし、8分の1や10分の1といった格安の値段で販売されている海外製のプロペシアジェネリックも豊富に揃っているので、さらにその費用をカットすることが可能です。もちろんプロペシアと同等の効果を持つため(有効成分は当然フィナステリドなので)、通販サイトを利用される方はプロペシアジェネリックを選ばれる方も多いのだとか。

こういったいくつかの方法を知っているとAGAの治療も捗るってものです。また日本では承認されていないロゲインやミノキシジルタブレットも通販サイトで揃える事が出来ます。プロペシアとの相乗効果に期待出来るものなので合わせて購入すると、より早い期間に髪が増えていくでしょう。正しくプロペシアを使い、その効果によって新たな髪を増やしていき薄毛を改善していきましょう!

>>プロペシアの通販<<

脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る