効果のメカニズム

フィンペシア プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬であり、その効果については厚生労働省の認可を受けています。
プロペシアの発毛効果は有効成分であるフィナステリドによるものです。
もともとは前立腺肥大症を改善するために使用されていた薬ですが、発毛効果があったと報告があったことから、AGA治療薬として販売されました。
AGAの原因物質はジヒドロテストステロン(GHT)という男性ホルモンです。
このGHTはテストステロンが5α-リダクターゼという酵素と結び付いて変性したもので、毛母細胞の働きを弱めて髪の毛の成長を妨げる働きを持っています。
しかし、フィナステリドが5α-リダクターゼの働きを阻害することでテストステロンのGHTへの変性を抑制し、抜け毛画を減らします。
これが効果のメカニズムです。

容量を守って服用する事が大切

プロペシアの効果が出るまでには一般的に半年から一年はかかります。
ですから、効果があるかどうかを判断するためには、1年くらいは服用し続ける必要があります。

治療後の改善度 最低半年というと長い気がしますが、髪の毛には成長サイクルというものがあり、一度成長が止まって休止期に入ってしまった毛髪が再び成長期を迎えるためには3ヶ月から4ヶ月かかります。
ですから、プロペシアがどんなに効果的なAGA治療薬でも、使い始めてすぐに効果が出るというわけではないのです。
なお、フィナステリドは一日の上限摂取量が1mgまでとなっています。
大きな効果を出したいとか、早く効果を出したいと考える人の中には上限を超える摂取量を服用する人がいますが、フィナステリドを1mg服用した場合と2mg服用した場合の効果は体格にもよりますが、ほとんど変化がないとされています。
副作用のことを考えれば上限以上の摂取はやめるべきです。

プロペシアの相乗効果

治療後の改善度 プロペシアの効果をアップさせたいと考えるならば服用量を増やすよりも良い方法があります。
その一つがミノキシジルとの併用です。
ミノキシジルも育毛効果を厚生労働省から認められた成分です。
ミノキシジルはフィナステリドのような内服薬ではなく、頭皮に塗布することで血管を広げて血流を活発にする作用がある外用薬です。
両者を併用することで相乗効果を期待することができます。
また、生活習慣を見直すことも効果を大きなものにする方法の一つです。
例えば喫煙の習慣がある人はタバコをやめることで育毛効果を大きくすることができます。
タバコに含まれるニコチンは交感神経を刺激するため血管を収縮させて血流を悪くします。
血行が悪くなれば頭皮に運ばれる栄養が減ってしまいますから、毛髪の生育に良くありません。
また、できることならば日常生活の中に適度に運動を取り入れるようにしましょう。
特に有酸素運動は血行を良くしますし、ストレスも解消します。
運動して適度に疲労すれば不眠症の解消にもつながります。
髪の毛を成長させるホルモンは睡眠中にたくさん分泌されるので、質の良い睡眠は髪の毛にとって、とても大切です。

プロペシア単独よりもミノキシジル併用の方が中等度以上の改善の比率が高いのがわかります。つまりミノキシジル併用の方が早く髪の毛が増えるということになります。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る