デュタステリド(ザガーロ)とプロペシアの違い

プロペシア デュタステリド(ザガーロ)とプロペシアは、有名なAGA治療薬で、その症状とは、頭頂部や前頭部をはじめ、後頭部などの髪が薄くなることです。
そんな双方の治療薬は、特徴があり実は違いがあります。

デュタステリドとプロペシアは、男性ホルモンの「テストステロン」から「ジヒドロテストステロン」に変換させる酵素である5αリダクターゼと結びつく働きを阻害して抑える効果があります。AGAの治療薬に共通した判断材料として、男性ホルモンの「テストステロン」から「ジヒドロテストステロン」に変換する作用をどれほど抑えるかがポイントです。

その「テストステロン」から「ジヒドロテストステロン」に変換する酵素を5αリダクターゼといい、1型・2型があります。AGAの症状を起こす働きを持っているのは2型5αリダクターゼによるものです。主に毛乳頭・頭頂部・前頭部に大きく影響し、AGAの症状が出ていることが一目で分かります。1型5αリダクターゼには、後頭部をはじめ、頭頂部・前頭部にAGAの症状が及びます。

デュタステリドは、1型と2型の5αリダクターゼ両方を阻害して抑える効果があります。プロペシアは、2型5αリダクターゼだけを抑える働きしかないため対応が難しく、後頭部の症状をカバーすることができません。しかしデュタステリドであれば先述した通り、1型と2型の5αリダクターゼをダブルでブロックするためどの部位の症状にも効果があります。

デュタステリド その反面、デュタステリドはプロペシアよりも多く副作用の報告がされています。
双方ともに、主な症状は同じで勃起不全・リビドー減退・乳房障害が起こることもあります。
デュタステリドはやや高い件数となっており、副作用が起こる可能性は低いとはいえ、万が一のときには、服用をすぐに止めて医師にご相談して下さい。

デュタステリドとプロペシアの二つの治療薬に大きな期待できますから、ご自身の身体に合うものを選択する方が良いでしょう。 プロペシアの通販はコチラ ザガーロの通販はコチラ
TOPに戻る