ハゲの原因と対策

ハゲ 男性のハゲは、遺伝性の場合も多いものです。
もちろん、生活の中のストレスからくる円形脱毛症や、薬物の服用による副作用など、それ以外の原因のものもあります。
ですが、一般的に若ハゲと呼ばれる類のほとんどが、遺伝性のAGAと呼ばれるものといえるでしょう。
AGAの症状が出始める年齢は、人によって様々です。
父親や伯父、祖父などといった親族にハゲている人がいる場合には、いつかは自分もなるかもしれないと警戒している人も多い事でしょう。
自分の髪を失うかもしれないという不安は、その立場になった人にしか本当の苦悩は分からないものです。
出来る事ならフサフサのままで年齢を重ねたいし、それが無理なら少しでも発症を遅らせたいと思うのが本音でしょう。
AGAであっても、その兆候が見られる年齢はそれぞれですし、食事やストレスなどといった日常生活の影響も関係してきます。
また、皮膚科を受診する事で、AGAの薬物治療を受ける事も可能です。
このため、なすすべもなくハゲの進行を受け入れなければならないという時代ではないのです。

プロペシアとミノキシジルの発毛効果

プロぺシアやミノキシジルといったAGAの治療薬は、発毛効果があり、薄毛の改善効果が期待できます。
効果が高く皮膚科医からも推奨されている優秀な治療薬ですが、半面、薬物である以上、当然副作用がでる可能性もあります。
男性ホルモンの働きを阻害する作用のあるプロぺシアには、性欲減退や勃起機能の低下といった副作用が報告されています。
また、血行促進効果のあるミノキシジルには、頭皮のかゆみや炎症、眠気や倦怠感などといった副作用があると言われています。
このため、これらの治療薬を用いるのは、実際に症状が現れてからが妥当でしょう。
ただし、症状が軽いうちから治療を始める事で、周囲に気付かれる事なく良い状態をキープする事が出来るでしょう。
AGAの症状が出ていないうちは、過剰の飲酒や喫煙を控えたり、バランスの良い食生活や十分な睡眠を心がけるといった、普段から出来る対策をとると良いでしょう。
常に頭皮の清潔を心がけ、あまりストレスをためない様な生活が理想です。
頭皮の状況を日頃からチェックする事は大切ですが、あまり神経質にならずに、ハゲが気になりだしたら治療を始めれば良いという位の、おおらかな気持ちでいる事も大切です。
髪にダメージを与える生活習慣
TOPに戻る