プロペシアとは?

プロペシア プロペシアはアメリカのメルク社が開発した男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。
日本ではMSD(旧万有製薬)が正規代理店となって販売を行っています。
プロペシアというのは商品名であり、有効成分はフィナステリドと呼ばれる物質です。
世の中に育毛剤と呼ばれる商品は数多く販売されていますが、内服薬として男性型脱毛症(AGA)の治療効果があると日本の厚生労働省から認められている成分はフィナステリドだけです。
このフィナステリドは元々は前立腺の病気治療のために開発された薬でした。
しかし、臨床試験を繰り返しているうちに、患者の多くに発毛効果が見られるようになりました。
そこで、前立腺治療薬と平行して育毛剤としての効果も検証した結果、AGAに効果があることが判りました。

AGAのメカニズム

AGAとは男性ホルモンの影響による薄毛・抜け毛のことです。
私たちの体の中にはテストステロンという男性ホルモンがあります。
このテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結びつく事で脱毛ホルモンに変性します。
DHTは髪の毛を生産する工場の役目を果している毛乳頭細胞の働きを弱める作用を持つため、体内にDHTが増えると髪の毛が作られなくなってしまったり、既に生えている髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまったりします。
これがAGAのメカニズムです。
AGAのメカニズム

プロペシアの有効成分

プロペシアの効果 プロペシアの有効成分として使われているフィナステリドは、還元酵素5αリダクターゼの働きを阻害する作用がある物質です。
そのため、通常ではテストステロンと結合しやすい性質を持つ5αリダクターゼの働きが弱まって結合しにくくなり、その結果としてDHTの生成も抑えられることになります。
DHTが減少すれば毛乳頭細胞は活発に毛髪を作るようになり、髪の毛が生え始めるというわけです。
気になるのはプロペシアの発毛効果がどの程度かということですが、国内の臨床試験では1年間服用し続けた人のおよそ7割に発毛効果が見られ、3年続けると約8割の人に効果が見られたということです。
さてこのプロペシアですが、国内で購入するためには医師の診察を受けて貰う必要があり、ドラッグストアなどでは購入することはできません。
また、購入にあたって保険は適用されません。
ですから、費用はどうしても高額になってしまいます。
このような理由から、最近では安い海外製品を個人輸入代行業者を利用して購入する人も増えています。
海外では既にジェネリックも何種類か販売されていますし、輸入であれば処方箋も必要ないため、医師の診察料を支払う必要もないです。
脱毛・薄毛に最も有効な医薬品
これらは日本皮膚科学会がAGAに最も有効と評価した成分が配合された医薬品で、表ごとに同一成分配合・同じ効果の発毛・育毛剤です。
ジェネリック医薬品がいかに安価かお分かり頂けると思います。

国内処方

プロペシア

プロペシア

1錠 250円
1ヶ月 7500円

→

海外通販

プロペシア

プロペシア

1錠 200円
1ヶ月 5600円

ジェネリック薬

フィンペシア

フィンペシア

1錠 45円
1ヶ月 1350円

ジェネリック薬

デュタス

デュタス

1錠 105円
1ヶ月 3150円

国内販売

リアップX5

リアップX5

1本 7500円〜8500円

→

ジェネリック薬

ツゲイン5

ツゲイン5

1本 3150円

ジェネリック薬

ミノキシジルタブレット

ミノキシジル
タブレット

1錠 36円
1ヶ月 2160円

ジェネリック薬

ポラリスNR-07

ポラリスNR-07

1本 3840円

※ミノキシジルタブレットのみ、飲み薬という特性上、より強く作用する可能性があります。
TOPに戻る